ここから本文です

帽子にイヤホンつけ…「なんじゃこいつ」 恩師が明かす、鎌田大地の“変貌”秘話

10/12(土) 7:20配信

Football ZONE web

G大阪ジュニアユース出身もユースへ昇格できず…東山高校に進学

 日本代表MF鎌田大地(フランクフルト)が代表初ゴールを挙げた。日本代表は10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選モンゴル戦(埼玉)に6-0と快勝。後半16分から途中出場した鎌田は5-0の同37分、MF遠藤航(シュツットガルト)のミドルシュートを相手GKが弾き、そのこぼれ球を頭で押し込んだ。ガンバ大阪ジュニアユース出身の鎌田は、ユース昇格が叶わず、京都・東山高校へ進学。同校の福重良一監督は3年間かけて精神面を鍛え上げた。

【動画】W杯アジア2次予選「日本×モンゴル」(6-0)ハイライト

 国際Aマッチ3試合目でつかんだ代表初ゴール。鎌田は、後半16分、先制点を挙げたMF南野拓実(ザルツブルク)に代わってピッチに立った。大声援を受けて立った初めてのW杯予選。5-0で迎えた後半37分、遠藤のミドルシュートを相手GKが弾き、こぼれ球に反応した。浮き球を頭で押し込み、代表初ゴール。初得点後は喜びよりも安堵の表情を見せた。

 今季はドイツ1部フランクフルトで公式戦16試合出場と活躍する。2017年に鳥栖から完全移籍した時は、「試合に出られるイメージがなかった」と言うほど出場機会には恵まれなかった。だが昨季、武者修行として期限付き移籍したベルギー1部シント=トロイデンで得点を重ね、今夏フランクフルトに復帰。2年前とは全く違う姿でアディ・ヒュッター監督の信頼を勝ち取った。壁にぶつかっても高みを目指し続けるブレない精神――。その強い精神面は高校時代に鍛えられた。

 G大阪ジュニアユースでは、10代から日本代表入りし、ロシアW杯最終予選でゴールも決めたMF井手口陽介(G大阪)と同期。当時からハードワークが持ち味だった井手口に比べると、独特のパスセンスを持ちながらも運動量が足らず、ユース昇格が叶わなかった。高体連へ進むことになり、候補となったのが東山高。初めてグラウンドに現れた鎌田の姿を、福重監督は今でも鮮明に覚えている。

「帽子かぶってイヤホンつけて『なんじゃこいつ』って(笑)。その時、彼は腰を怪我してて、練習はやっていないけど、グラウンドに来て、見て『ここでやる』と言ってくれた。ここで見た時はすごくいいパスとか、相手の裏を取るパスとか常に見ているなという感じがした」

1/3ページ

最終更新:10/12(土) 7:20
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事