ここから本文です

「史上最高」や「伝説」選手を英メディアが6段階格付け 「過小評価」「過大評価」は?

10/12(土) 20:10配信

Football ZONE web

過去のスターを含めて6段階に分類 メッシ、ロナウドに続く現役選手のスターは?

 誰が史上最高の選手か。この話題はいつの時代も大きな議論を呼ぶが、正確な答えが出ることはない。英メディア「スポーツ・バイブル」は、この疑問に対して一つの見解を示している。独自のランキングを作成できるサイト「ティアーメーカー」を使って、現役選手からレジェンドと呼ばれた選手を格付けして公表している。

【一覧リスト】英「スポーツ・バイブル」が発表! 「史上最高」「伝説」「偉大」「優秀」「過小評価」「過大評価」の6段階格付け

「スポーツ・バイブル」は格付けするにあたり、上位から順に「GOAT(史上最高)」「LEGEND(伝説)」「GREAT(偉大)」「GOOD(優秀)」「UNDERRATED(過小評価)」「OVERRATED(過大評価)」の6段階に分けている。

 多くの選手のなかから「史上最高」クラスには、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選ばれている。

 続く「伝説」クラスには、現在レアル・マドリードの監督を務める元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン、現在ミランのテクニカル・ディレクターを務める元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ、バルセロナやミランで活躍した元ブラジル代表FWロナウジーニョなど、一時代を築いたスーパースターたちが顔を並べることになった。そのクラスで唯一の現役選手として選ばれたのは、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだった。

 次の「偉大」な選手のクラスには、最大の9人が選ばれている。そのなかには、現在スコットランドのレンジャーズで監督を務める元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード、そのジェラードとイングランド代表で中盤を形成した現チェルシー監督の元イングランド代表MFフランク・ランパード、“悪魔の左足”を持つと恐れられた元ブラジル代表DFロベルト・カルロス、アーセナルやバルセロナで活躍した元フランス代表FWティエリ・アンリなどが選出された。現役として選ばれているのは、ユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン、ロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだった。

 そして、「優秀」な選手のクラスには多くの現役選手が選ばれている。マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ、レアル・マドリードのベルギー代表MFエデン・アザール、リバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペが名を連ねた。いずれも今後の活躍次第で、1段階も2段階も上位に選ばれそうな選手が揃っている。

1/2ページ

最終更新:10/12(土) 22:10
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事