ここから本文です

ドイツ代表監督、すでに14歳のドルトムントFWに注目「彼についてU-19指揮官に聞いた」

10/12(土) 22:00配信

フットボールチャンネル

 ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴ監督が、すでにドルトムントの下部組織(U-19)に所属するU-16ドイツ代表FWユスファ・ムココに注目していることを明かした。11日にドイツの『スカイスポーツ』が報じている。

【写真】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 昨季はU-17のカテゴリーで爆発的な活躍を見せたムココ。今季からU-19のカテゴリーに昇格したが、開幕戦のヴッパータールSVU19戦で6得点を決める活躍を見せると、その後の試合でもゴールを量産。現在までに7試合で15得点を記録している。9月には、UEFAユースリーグのバルセロナ戦において、14歳302日という若さでUEFAユースリーグの大会最年少出場記録を更新していた。

 レーヴ監督は「U-19ドルトムントを率いるミヒャエル・スキッベ監督に彼について聞いたよ」と語り、著しい成長を続けるムココに注目していることを明かした。将来的に代表に招集する可能性については「関係者全員が平和的に彼の成長を待つのが良いだろう」とし、明言を避けている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:10/12(土) 22:00
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事