ここから本文です

チームラボ「学ぶ!未来の遊園地」が名古屋市科学館で開催!芸術の秋にアートな休日を【愛知】

10/13(日) 11:15配信

じゃらんニュース

デジタル技術をフル活用した美しいアートの中で、五感を使い、創造力を高められるのがチームラボの魅力です。そんなチームラボの人気プロジェクト、「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」が愛知県に登場します!
会場は名古屋市科学館で、イベント期間は2019年11月30日(土)~2020年2月16日(日)まで。先進的な未来の遊園地を満喫しましょう!

触れれば変わる!花と共に生きる動物達

「花と共に生きる動物達」は、チームラボが2017年に発表したアート作品で、壁一面に映し出された美しい花々が、ライオン・キリン・ゾウなど、さまざまな動物たちを形作っています。美しい音楽と動物たちの鳴き声に包まれながら、元気よく行き交う動物たちを眺めてみれば、まるで異世界に迷い込んだような気分を味わえるでしょう。
壁に映し出された動物たちにそっと手を触れてみると、花は散り、そして動物は消えていきます。美しい花びらが広がり、そして散っていく様子は、生命の儚さや神秘を感じさせてくれます。花と動物たちが美しく暮らす空間は、これまでにないアートで何時間でも眺めていられるような、不思議な気分に浸れますよ♪

アート世界を歩いてすべって、小人とも遊ぼう!

チームラボの「学ぶ!未来の遊園地」プロジェクトの魅力は、自身の動きをアートにつなぎ、そして新たな作品を生み出す喜びを実感できること!
今回の「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」でも、さまざまな工夫を凝らした作品が用意されています。「すべって育てる! フルーツ畑」では、滑り台を勢いよく滑り、ボールに触れることで、それがフルーツを育てるための原動力になります。
また「小人が住まうテーブル」では、テーブルの上での動きに合わせて、小人たちがさまざまな行動を見せてくれますよ。
「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」では、画面に映し出された文字に触れることで、そこから独自の物語が紡ぎ出されます。目で見て、手で触れて、思い切り動いて、自身の中に眠るさまざまな能力を呼び覚ましてみてください。

1/2ページ

最終更新:10/13(日) 11:15
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事