ここから本文です

【グループAの名車 03】1983年ETCの覇者がやってきた!「ハルトゲBMW 635CSi」が1985インターTECで3位に入る

10/13(日) 6:31配信

Webモーターマガジン

歴戦の貫禄! 全日本ツーリングカーレースに参戦

1985年のインターTECで3位に入ったのが、ハルトゲBMW635CSiだ。BMW635CSiは、1983年のETCでチャンピオンを獲得し、1984年にはシリーズ2位となっている。ハルトゲ仕様のこのマシンは全日本ツーリングカー選手権を戦うためにオートビューレックモータースポーツが投入したものだ。

【写真】ドライバーとレースシーンをもっと見る

当時、ヨーロッパのグループAレースで活躍していたBMW635CSiが日本に登場した。このマシンは速さはもとより美しさが際立つマシンでもあった。2ドアクーペのボディに搭載されたエンジンは、3.4L 直6 SOHCでボアラストロークは92.5mm×86.0mm。ノーマルでは218ps/5200rpm、31.0kgm/4000rpmだが、グループA仕様となったエンジンは、296ps/6800rpm、35.0kgm/6000rpmの性能を発生した。当時のライバルであるボルボやスタリオンがターボなのに対して、高回転型NAで対抗したのも対照的だった。

サスペンションはフロントがダブルジョイントスプリングストラットでリアが強化セミトレーリングタイプとなっている。これは基本形式は変えられないグループAレギュレーションに則ったものだ。

ブレーキは前後ベンチレーテッドディスクだが、とくにフロントには、グループCで使われていた320mm径のロッキード製ベンチレーテッドディスクが採用された。耐久レースでは、このストッピングパワーは大きな武器となる。タイヤサイズはドライで265/600-16、ウエットでは245/600-16、ホイールサイズは9.5J-16だ。

車両重量はノーマルの1500kgから1150kgまで軽量化されていた。エンジンパワーで強引に速く走るというイメージよりも、レースを知り尽くして作られた全体的なパッケージングの良さで走るタイプのマシンと言えるだろう。

オートビューレックが輸入したハルトゲBMW635CSiは1985年の全日本ツーリングカーレースから長坂尚樹、茂木和男の両選手のドライビングにより参戦を開始した。開幕戦のスポーツランドSUGOではクラッシュリタイアを喫したが、第2戦の筑波サーキット、第3戦の西日本サーキットと連勝。第4戦で4位という結果で最終戦のインターTECを迎えた。

高速コースの富士スピードウェイということもあり、予選ではボルボ240ターボやスタリオンに遠く及ばず8番手。ただ、信頼性は抜群でストレート6の快音を響かせながら走り抜き、ボルボ240ターボに次ぐ3位となった。これによって同年の全日本ツーリングカー選手権のチャンピオンとなっている。

Webモーターマガジン

最終更新:10/13(日) 6:31
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事