ここから本文です

菜々緒、7年間「励みにしてきた」男の子と再会して感涙

10/13(日) 20:32配信

SmartFLASH

菜々緒が、10月10日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)でファンの少年との再会に涙した。

【写真】菜々緒のロケに密着!

 7年前、地元・埼玉の1日警察署長イベントに参加すると、客席に「ななおちゃん ありがとう!」と書いたボードを掲げた男の子がいた。当時は、まだ菜々緒はテレビにもあまり出ておらず、「なぜ、あんな小さい子が……」と疑問を抱いていた。

 当時、菜々緒の母もそのイベントを見に来ており、偶然その男児を見つけ、ボードを持った写真を撮らせてもらったという。

 菜々緒は「その写真をずっと携帯(の画像フォルダ)に入れて励みにしている」と語った。

 そこで番組が、男の子を捜索すると、イベントを取り上げた新聞に男の子のことも掲載されており、無事に発見。

 スタジオに10歳になった彼とその母親が登場すると、菜々緒は「すごいうれしい!」と感激。ボードに「ありがとう」と書いたのは母親の発案で「地元に来てくれてありがとう」という意味だったという。

 男の子は「7年間、僕のことを覚えていてくれてありがとうございます」とそのボードをモチーフとしたキーホルダーをプレゼント。

 すると菜々緒は「いや、もうヤバイ、泣きそう……」と涙を見せて、少年と握手を交わしていた。

 菜々緒はドラマのクランクアップで涙することが多い。

 ウェブ「モデルプレス」によると、ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)では徹底的に悪女を演じたが、撮影を終えると、目に涙を浮かべて、「こうやって泣いてもたぶんウソ泣きだって言われると思うんですが……皆さんが毎日笑顔で迎えてくれて、本当に楽しい現場でした」とコメント。

 ウェブ「ザ・テレビジョン」では、主演ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系)がクランクアップし、共演した木村佳乃から「うちの“座長”(菜々緒)はまじめで本当にしっかり者で。これからが楽しみな女優さんですし、こんな素晴らしい才能に出会えてうれしかったです」とエールをもらい、感謝していた。

 菜々緒は、放送中のドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系)では悪女から一転して、切ないラブストーリーのヒロインを演じる。前髪も作って、新たな魅力を見せている彼女の泣きの演技に期待したい。

最終更新:10/14(月) 16:01
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事