ここから本文です

【RIZIN】RENAが地元大阪で20秒の速攻勝利、再起を飾る

10/13(日) 6:40配信

ゴング格闘技

『RIZIN.19』
2019年10月12日(土)エディオンアリーナ大阪

▼第10試合 女子51kg契約 5分3R ※ヒジ有り
○RENA(シーザージム)
[1R 0分20秒 TKO]
×アレキサンドラ・アルヴァーレ(スペイン)

【写真】相手をパンチでコーナーへ吹っ飛ばしたRENA

RENAは前戦2019年6月、米国ニューヨーク州マジソンスクエアガーデンで開催された『Bellator 222』で米国初試合に臨むも1R4分04秒、リンジー・ヴァンザント(米国)にリアネイキドチョーク(チョークスリーパー)で失神に追い込まれて敗れた。今回は4カ月ぶりの再起戦となる。

当初、対戦が決まっていたショーナ・ラム(カナダ/TEAM MAMBA)が練習中に脳震盪を起こしてドクターストップ。代わってアルヴァーレがRENAと対戦することになった。

アルヴァーレはムエタイ出身。2016年にスペインで行われたイベントでアマチュアとしてMMAにチャレンジ。2018年4月にローカル大会の『RLFC』でプロデビュー。2戦目でスペイン最大のプロモーションである『AFL』に出場するが、パンチによるKO負けを喫した。プロMMA戦績は2戦2敗でいずれもTKO負け。緊急参戦にも関わらず対戦を受諾したアルヴァーレはヒジ打ちを含めたムエタイ仕込みの打撃で勝負すると語っている。

RENAは地元大阪での復帰戦。セコンドには浜崎朱加がつく。

1R、先に前に出るRENA。サウスポー構えのアルヴァーレの右の打ち終わりに右ストレートをヒット! 効かされ下がるアルヴァーレにRENAは右前蹴り、さらに左右のラッシュにアルヴァーレはダウンしてコーナーにもたれかかり、動けず。レフェリーが間に入った。

RENAは試合後、「大阪の皆さんただいま。対戦相手あっての試合。急遽試合を受けていただきありがとうございます。ストライカーとしての打撃ができて嬉しいです。今日は足元の悪い中、会場に来ていただきありがとうございます。台風がこれからも大変ですが、日本は強い、みんなで支えあって頑張りましょう」と復活のリング上で挨拶した。

最終更新:10/13(日) 6:40
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事