ここから本文です

【イエローメイク】は目元&リップに取り入れるのが◎【おすすめ黄コスメ】で鮮度2割増なヘルシー顔

10/13(日) 20:01配信

VOCE

今年に入ってから今もなお、冷めることのないイエローメイクブーム。一方で、流行りの色とは言えどもイエローを顔の中に取り入れるって少々難易度が高そう、と感じる人も多いはず。ですが、安心してください。使いこなせるコツ、あります! イエローメイクにハードルを感じていた方、必見ですよ!

イエローをのせるパーツ×彩度の組み合わせがコツ

イエローカラーは、顔の中にひとさじ色を添えるだけで顔の鮮度がグッと高まってメイク上級者に見えるので、流行りに便乗して押さえておきたい色。ですが、イエローとひとくちに言っても、ほんのり黄味を帯びた黄系色から鮮烈な黄色まで様々な色が存在する中、どんなものを選ぶのがいいのでしょう? 実は、イエローの彩度によって肌へのなじみ度が異なり、それぞれに良さがあるんです。パキッとした濃い発色のイエローは肌に本来存在しない色なので、肌から浮いて目にとまりやすく、メイクのアクセントになるという特徴が。一方で、ほんのり黄みがかったニュアンス系イエローだと、黄色人種の日本人の肌になじみやすいので、ヘルシーな印象をプラスすることができます。

そして、イエローを取り入れるとしたら、メイクのポイントになるパーツ、目元と唇に取り入れるのがオススメ。目元には鮮烈イエローを添えて印象的な眼差しに仕上げ、唇にはほんのり黄味を帯びる程度のニュアンス系イエローを選ぶと、即こなれ顔になれますよ。

それでは、アイメイク&リップメイクにオススメのイエローコスメをご紹介していきます!

<アイメイク>鮮烈イエローであえて肌から浮かせて目線を集めて

目元には鮮やかなイエローを選ぶのがオススメ。強めイエローは肌から浮いて、他の人の目に飛び込みやすく、印象的で記憶に残る目元になれるんです。イチオシのコスメはこちら。

濃淡自在だから使いやすい。自分の“しっくり”を見つけたいひとに【トーン ペタル アイシャドウ】

トーン ペタル アイシャドウ 03 ゴールドイエロー 全24色 ¥2200/マッシュビューティーラボ

フレッシュなライトイエローとヘルシーゴールドが対になった、ブランド人気のアイシャドウ。ほのかに透けるような透明感とツヤがあって、何度重ねても目元にやりすぎ感が出ないから、人によって合う・合わないを選ばずして使えるのが魅力。さらに、淡く色をのせたニュアンスイエローから、幾度か重ねた目の覚めるような深イエローまで濃淡を自在に調節することができて、自分に丁度いい濃さを見つけられるのも◎。まぶた全体にふわっと塗り広げて思いきりイエローを楽しんでみたり、目尻や涙袋にポイントとして添えてみたりと、色々な幅を利かせてアイメイクを楽しむことができますよ。

1/2ページ

最終更新:10/13(日) 20:01
VOCE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事