ここから本文です

【ONE】ロッタンが苦闘の末、世界王座の防衛に成功

10/13(日) 22:49配信

ゴング格闘技

「ONE: CENTURY 世紀 Part2」
10月13日(日)東京・両国国技館

▼第2部 第8試合 ムエタイ世界フライ級タイトルマッチ 3分5R
○ロッタン ・ジットムアンノン(王者/タイ)
[判定2-1]
×ウォルター・ゴンサルベス(挑戦者/ブラジル)

【写真】8月、ロッタンが世界王座を奪取した試合

ムエタイ世界フライ級タイトルマッチ。

王者は、8月2日のマニラ大会でジョナサン・ハガティからダウン奪い判定勝利でベルトを巻いた“破壊神”ロッタン ・ジットムアンノン(タイ)。対する挑戦者は、ブラジルのウォルター・ゴンサルベスに決定した。

名門シッソンピーノンジムでサガットペットを師に持つWPMF世界王者のゴンサルベスは、「Mx Muay Extreme Championship」でも60kg級王者に輝いており、左右スイッチから相手の蹴り足を掴んでのパンチやバックフィスト、スーパーマンパンチなど、アグレッシブなファイトスタイルが持ち味。好戦的なロッタンと噛み合うこと必至で、シッソンピーノン所属らしく、ムエマッド、フィームースタイルのどちらの相手でもしっかり戦える強豪だ。

オープンフィンガーグローブのケージムエタイ戦。

1R、ともにオーソドックス構え。左右ローを突くロッタン! 右ローを返すゴンザルベス。しかしゴンザルベスはサウスポー構えにするとロッタンの左前手が目に入り中断。再開。

ロッタンの詰めにゴンザルベスはボディロックからテイクダウン。しかしロッタンはワンツーから右ミドルで前へ。下がるゴンザルベスを追い、ゴンザルベスの右ローを掴み右ストレートを叩き込む。

2R、追うロッタンはオーソから強い左ミドル! ゴンザルベスは蹴り足を掴んでのパンチを狙う。ロッタンの左ハイを掴み右ストレートを打ち込むロッタン! さらに金網に詰めての右縦ヒジも狙う。ロッタンの左ミドルをオープンフィンガーグローブで掴んで軸足払いを見せるゴンザルベス。

3R、4R、左右のフックが多くなるロッタン。追い回すが回るゴンザルベスに来い、とジレる。打ち合いのなかで右を返すゴンザルベス。しかし4R、ロッタンは左フック! ゴンザルベスはフラッシュダウンもすぐに立つゴンザルベスにダウンは取らず。お返しとばかりにゴンザルベスもボディロックから振り回してテイクダウン! 前がかりになるロッタンにゴンザルベスはフックの脇をくぐる。

5R、ハグから右手をハイタッチしてからファイト。いきなり首相撲ヒザの両者。ロッタンの入りにゴンザルベスはサウスポー構えから左ストレート! 右ハイを当てる。追うロッタンは左ミドルをヒット。しかし近づくとゴンザルベスはパンチ潜りクリンチ。

ゴングに両者ともにケージの上に乗り、勝利をアピール。

判定は2-1に割れ、現王者のロッタンがゴンザルベスを下し、ONEムエタイ世界フライ級王座防衛に成功した。

最終更新:10/13(日) 22:49
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事