ここから本文です

【ラグビーW杯】日本戦開催、スコットランド代表が声明「会場を準備してくれた皆さんに感謝します」

2019/10/13(日) 11:18配信

THE ANSWER

ツイッターでメッセージ「台風に遭った日本の方々のことを願っています」

 ラグビーワールドカップ(W杯)大会組織委員会は13日、台風19号の接近により、開催の可否が検討されていた同日の日本―スコットランド戦(19時45分・横浜国際総合競技場)を予定通り実施すると発表した。日本は史上初の8強入りを懸け、大一番に臨む。

【動画】スコットランド選手が公開! 「ホテル全体がギシギシと…」と驚き、その映像は…台風19号直撃当夜に滞在していた宿舎の実際の様子

 組織委はこの日早朝から会場で台風による影響を検査した結果、一部施設の破損は見られるものの、試合開催が可能であると判断。しかし、公共交通機関の乱れに伴うスタッフ不足、設備の破損等により試合開始時間までに準備が整わない一部の観客サービスについては、観客の最低限の安全な観戦に影響しない範囲で、実施を取りやめ、試合運営を行う。

 スコットランド代表公式ツイッターは試合開催を伝えた上で「今日の試合のためにスタジアムを準備してくれた皆さんに感謝します。そして、台風ハギビスに遭った日本の方々のことを願っています」と開催に尽力した関係者への感謝と、台風被害を受けた日本人に対するエールをつづった。試合は互いに決勝トーナメント進出を懸けた大一番となる。

THE ANSWER編集部

最終更新:2019/10/13(日) 11:21
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事