ここから本文です

【ラグビーW杯】試合中止のカナダが釜石で台風ボランティア活動 感動の嵐「この恩は忘れません!」

10/13(日) 16:02配信

THE ANSWER

中止後の釜石に残って清掃活動に参加、大会SNSが実際の様子を公開

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、同日に予定されていたB組最終戦のカナダ―ナミビア戦が台風19号の影響により中止に。試合は0-0の引き分け扱いとなり、両国に勝ち点2が与えられた結果、カナダは戦わずして無念の最下位が決まったが、選手たちは釜石に残ってボランティアに参加。実際の様子を大会が画像付きで公開し、「感動して泣きそうです」「この恩は忘れません!」「このチーム本当に尊敬するし素晴らしい」と感謝と絶賛の嵐となっている。

【画像】「感動して泣きそうです」と絶賛の嵐! 泥だらけの路上で見せた行動とは…カナダが釜石で行った“台風ボランティア活動”の実際の写真

 日本のためにカナダが動いた。試合は台風19号の影響により中止に。今大会最終戦は戦わずして終えるという無念の結果となったが、選手たちの姿は釜石の街中にあった。台風が直撃した余波で泥が堆積している路上。屈強な大男たちはラフな私服姿のままスコップを持って泥を集める。また別の選手たちはポリ袋を持って清掃作業に没頭している。

 大会公式ツイッターは実際の様子を画像、動画で紹介。「台風19号の影響で、本日の試合が中止となったカナダ代表 そのまま釜石の街に残り、ボランティア活動を行いました」「カナダ代表の誠意と思いやり溢れる行動に心から感謝します」とつづった。選手たちにとって試合が中止になった思いはあったはず。にも関わらず、優しい行動に対し、日本人ファンも感激している。

ファン感激「ラグビー選手の鑑です!」「これぞ真の国際交流!!」

「素晴らしすぎる」
「ありがとうカナダ代表!!」
「感動して泣きそうです」
「この恩は忘れません!」
「大声でありがとうと叫びたい」
「ラガーマンはかっこいい」
「台風のせいでごめんなさい」
「ラグビー選手の鑑です!」
「泣けてきます」
「このチーム本当に尊敬するし素晴らしい」
「これぞ真の国際交流!!」
「尊いお志に胸が熱くなりました!」

 このようにコメントが殺到。幻となった釜石での一戦をいつか実現させてほしいと熱望する声も多く上がっていた。ピッチ上で魂の溢れるプレーで盛り上げていたカナダ代表。今大会最後の日、その姿は泥だらけの釜石の街にあった。日本人ファンにとっても忘れられないようなシーンとして、大会後も刻まれていくことだろう。

THE ANSWER編集部

最終更新:10/13(日) 18:08
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事