ここから本文です

【ラグビーW杯】敗退スコットランドHC、会見第一声で台風被災者に憂慮「お見舞い申し上げます」

10/13(日) 22:39配信

THE ANSWER

「ご家族を亡くされた方にお悔やみを申し上げます」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、A組最終戦の日本対スコットランドが行われ、日本が28-21で勝利し、史上初の決勝トーナメント進出を決めた。1次リーグで敗退したスコットランドのタウンゼント・ヘッドコーチ(HC)は「日本は勝利にふさわしいチームだった。今日は彼らの方がいいチームだった」と完敗宣言をした。

【画像】「何より日本が素晴らしかった」と称賛! 直後のピッチで口元を覆い、見せた表情は…主将レイドローが涙をこらえる実際のシーン

 4年前は日本に勝利し、8強入りを阻んだスコットランドが、この日は日本の壁に敗れた。タウンゼントHCは試合後のインタビューで「前半、日本にリードを許してしまった。日本はエクセレントだった。彼らはチャンスを最大限に生かし、いいペースで試合を続けた」と日本の戦いぶりを称えた。

 先制トライを挙げながらも同点、逆転と徐々に主導権を明け渡した。「我々は最初の10分に主導権を握って攻めることができたが、日本にいいプレーがあった。最後の15分、我々はもっといいプレーができたと思う。チャンスがあったが、勝利するには十分ではなかった」と悔やんだ。

 何とかベスト8入りを果たしたかったが、「とても残念です。高い意志を持ってやってきた。1次リーグを乗り越えることを目標とし、4か月間、今日のために懸命にやってきた。本当に残念です」と悔しさを隠さなかった。

 それでも、記者会見では「台風の被害の遭われた方に対してお見舞いを申し上げます。ご家族を亡くされた方にお悔やみを申し上げます」と第一声で台風19号で被災した人々への思いやりも忘れず。最後までノーサイドの精神を持ち続けた。

THE ANSWER編集部

最終更新:10/14(月) 8:17
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ