ここから本文です

<いだてん>森山未來&中村七之助が立った“懐かしの満州”収録フォト&リポート

10/13(日) 17:31配信

ザテレビジョン

放送中の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)。

【写真を見る】収録中、ふと周りを見渡す森山未來

金栗四三(中村勘九郎)、田畑政治(阿部サダヲ)という、オリンピックに情熱を燃やす2人を主人公を中心に、明治から昭和の時代の移り変わりを描いてきた。

そして、10月13日(日)放送の第39回「懐かしの満州」では舞台を満州に移し、古今亭志ん生(ビートたけし)が弟子の五りん(神木隆之介)に、戦時中に満州へ慰問興行に行った時のことを語り出す。

三遊亭圓生(中村七之助)と共に満州をめぐっていた若き日の志ん生(森山未來)。そこで、小松勝(仲野太賀)と出会い、どのように過ごしたのかが描かれる。

今回、「ザテレビジョン」は満州のセットでの収録を取材。撮影の模様を写真と共にお届けする。

■ 4K映像ならではの細かなセットの作り込み

大河ドラマ初の4K映像で撮影されている今作。高精細な4Kカメラでは、セットのかなり奥の部分まで映りこむため、細かい作りこみが必須だという。

それだけに、どこを撮っても“作り物”とは思えない、本当に異国にいるような写真に。セットだけではなく、衣装なども本物らしさが感じられた。

収録中の森山と七之助は、小雨をもろともしない涼しい表情。時に談笑しながら、和やかな空気で撮影を終えていた。

■ 和洋中が入り混じった不思議な空間でした

今作の映像を支えているVFXスーパーバイザーの尾上克郎いわく、満州の街並みは「中国の古い街に、ロシア人や日本人が後から入ってきたために、街並みも人も、和洋中が入り混じった不思議な空間でした。特徴的なロシア正教風の尖塔が立っていたり、そこに中国の看板がや日本の看板があったり」という特徴が。

しかし、満州のロケが行われたのは、東京・浅草のシーンも撮影した場所。尾上は「違いを出すのはすごく難しいですね。美術さんも大変だと思います。画調を変えたり空の色変えたりして」と苦労も明かした。

■ 未來も火が点いたんじゃないかな(笑)

五りんが志ん生の元を訪ねるきっかけとなった父からの絵葉書「志ん生の富久は絶品」。同回では、謎に包まれていた志ん生と五りんの不思議な縁が明かされる。演出を担当したのは大根仁監督だ。

森山が主演した映画・ドラマ「モテキ」(2011年ほか)の監督も務めていた大根は、今回の森山の演技について、以下のようなコメントを寄せている。

「未來にはいつも放置プレイというか、細かい演出をするのが恥ずかしいので、よほどのことがなければ何も言わないのですが、どういう編集になるかの説明はしました。いやまあ最高の、いやそれこそ絶品でしたね。あと『富久』の前に圓生の『居残り佐平次』を撮ったのですが、七之助君が本当に素晴らしかったんですよね。エキストラのお客さんたちがガチで惹き込まれている様子を見て、未來も火が点いたんじゃないかな(笑)。未來のことはあまり褒めたくないのですが、たまには言います。“森山未來の芝居は絶品”」。

大根はさらに、今回の見どころを「やはり、志ん生・圓生・勝、すなわち森山未來・中村七之助・仲野太賀の初共演とは思えぬ、俳優としてすべての相性がマッチした演技…いや、僕は途中から演技とは思えませんでした。僕は元々、男同士のいわゆる“バディもの”が大好きなのですが、男女の関係性とは違う、役者同士の間に独特の色気が漂うんですよね。圓生の『居残り佐平次』から志ん生の『富久』そして勝がとったある行動という流れは、元々の宮藤さんの脚本も見事だったのですが、役者・演出・スタッフの『脚本を超える!!』という思いが一つになったシーンだと思います」。

落語パートの伏線が回収されていく今回。細部まで注目してほしい。

(ザテレビジョン)

最終更新:10/13(日) 17:38
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事