ここから本文です

欅坂46渡邉理佐、東京ドーム公演は「夢の場所だった」<インタビュー>

10/13(日) 7:00配信

ザテレビジョン

欅坂46のメンバーで「non-no」専属モデルとしても活動する渡邉理佐が、9月28日に千葉・幕張メッセで開催された「Rakuten GirlsAward 2019 AUTUMN/WINTER(以下、ガールズアワード)」に出演。「non-no × dazzlin」のステージでランウェイを歩いた他、欅坂46の一員としてライブパフォーマンスを披露した渡邉に、出演の感想や2020年へ向けた意気込みなどを語ってもらった。

【写真を見る】「non-no」専属モデルも務めるスタイル抜群の欅坂46渡邉理佐

――ランウェイを歩かれたとき、ものすごい歓声でした。あらためてガールズアワードに参加されたご感想をいただけますか。

今回「non-no」さんのステージに出させていただいたんですけど、前に日向坂46の佐々木美玲ちゃんがいて、後ろに西野七瀬さんがいらっしゃったので、すごく安心して歩くことができました。ガールズアワードさんは女の子のファッションのイベントなので、お客様も女の子が多くて、握手会に来てくださる方の顔も見えて、それも嬉しかったですね。

――持った花束にキスをするようなポーズも印象的でした。

ポーズに関しては本当に、ギリギリまでどうしようかという気持ちだったんです。ランウェイを歩いているうちに、せっかくだから花束を使って何かしようと思って。お客さんの声援や表情に刺激を受けて、即興で決めました。

――今回のファッションのポイントを教えてください。私服で取り入れたいものは?

袖にファーがあるので秋冬ならではのアイテムなんじゃないかなと思います。私服で取り入れたいのは、パイソン柄(蛇柄)が今年は流行っている気がするので、それを取り入れたアイテムをゲットできればいいなと思っています。

――渡邉さんはランウェイのほかに、欅坂46の一員としてライブも行ないました。

久しぶりにGirlsAwardさんで欅坂46のライブをやらせていただいたんですけど、「Overture」の映像が流れている時から、他の欅坂のライブと歓声が違いました。普段のライブは男性の声援が大きいんですけど、今回は女性の声援がいっぱい聴こえてきて、GirlsAwardさんならではの雰囲気だと思いました。

――欅坂46は9月18日と19日に、東京ドームでワンマン公演を開催しましたね。

いつかは立ってみたいなという夢の場所でもあったので、今回、実現できたのは本当にうれしかったです。パフォーマンス中、ふとしたときに「今、私たちは東京ドームのステージに立っているんだ」と気持ちが高まって、すごくありがたいことだなと思いました。

――令和元年もあと3カ月弱です。2020年に向けての意気込みを!

来年は欅坂46の結成5年目なので、もっともっと、より上を目指したいですね。グループがもっとたくさんの方に知っていただけるよう、頑張ります。(ザテレビジョン・取材・文=原田和典)

最終更新:10/13(日) 16:51
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事