ここから本文です

堀江貴文「気まずい人間関係は切ってもいい」

10/13(日) 5:30配信

東洋経済オンライン

「昔からの友人」や「親友」という言葉には、どこかポジティブな印象があります。
ですが、実業家の堀江貴文氏は同じ友人と10年以上も付き合い続けることに否定的です。同氏が「人間関係を迷わず捨ててきた理由」を新刊『捨て本』から一部抜粋、再構成して紹介します。

【疑問】仕事が嫌な時「逃げていい人」「ダメな人」のちがいは?

 子どもの頃から、あまり友達はいなかった。1人もいなかったわけではないけれど、すすんで友達を増やしたいほうではなかった。

 人と話すのが苦手ではない。でも、コミュニケーション上手とも言えない。おしゃべりは大好きなんだけど、場の空気を読んで、僕のほうがあれこれ気を回さなくてはいけない相手とは、一緒にいたくはない。

 刺激的で面白い会話のできる相手となら、仲良くしたい。コミュニケーション下手だけど、孤独を愛しているわけではないのだ。実はけっこうな寂しがり屋で、楽しく過ごせる相手はいっぱい欲しいし、ずっと面白い仲間に囲まれていたいと思う。

 寂しがり屋なのに、とくに友達はたくさんいらないと考えているのは矛盾じゃないかと指摘されるかもしれないが、そうだろうか?  一緒にいて楽しい人と出会い、つまらないやつとは過ごしたくないと考えているだけだ。

■「友達の基準」

 友達の基準みたいなものが、人にはある。第1は「話が合う」ことだろう。僕もそうだ。ただ、話が合わないと少しでも感じたら、もう、一瞬で捨てる。関係を維持するための気づかいやコストはいっさい、払いたくない。

 身勝手で冷たいと思われるだろう。だが僕としては、気を遣ったり、つまらないと感じる友達と、仲良くしている意味は、何なのだろう? と、不思議になってしまう。最初から話が合わない相手は問題外として、話が合っていた友達なのに、だんだん合わなくなって気まずい……という状況は、誰しも経験すると思う。

 その場合、僕は、迷わず捨てる。

 それまでの過ごした時間とか、築いた友情に思い入れがあるので、できないという理屈も、わからないでもない。

 けど、ストレスを抱えてまで友達付き合いする理由には、ならないんじゃないか?  その時間とか友情めいたものは、これから出会える、いまの価値観に合った友達と築いていけばいいだけのことではないか? 

 僕の考え方が一般的ではないことは、わかっている(おかしいとは思ってないが)。けれど、同じ友達と何年も、長ければ10年以上もずーっと仲良しでいる、というのは、相当まれではないかと思うのだ。

1/3ページ

最終更新:10/13(日) 5:30
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ