ここから本文です

中国からの移籍を熱望するベルギー代表MF「ヨーロッパが恋しい」

10/13(日) 11:11配信

フットボールチャンネル

 中国の大連一方に所属するベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコが、ヨーロッパ復帰を希望している。ベルギー『HLN』などが同選手のインタビューの様子を伝えた。

【動画】恐るべし…”爆買い”中国サッカーの脅威

 元ベルギー代表のジル・デ・ビルデ氏とのインタビューに応じた26歳のカラスコは、「ピッチ上では全てを忘れることができる。でも、外国人としての生活は難しい。ヨーロッパが恋しいよ」とコメント。「前の移籍市場だと僕の放出は難しかった。でも、今は状況が違う。冬は状況が変わることを願っている」と語った。

 カラスコはヨーロッパのリーグにはない大変さが中国にあるとしつつ、問題はプライベートの面だと繰り返している。

「外国人には大変な街だ。僕は1年目に妻と一緒に生活していた。2年目は妻がビジネスを始めたいということで別々なんだ。結婚していたら、妻と一緒にいたいものだよ。今は家に帰っても一人で寝ることが多い。それはつらいことなんだ」

 カラスコは2018年2月にアトレティコ・マドリーから大連一方へ移籍。最近ではアーセナル加入が話題になっていたが、夏の移籍市場では実現しなかった。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:10/13(日) 11:11
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事