ここから本文です

ユニクロ超えのコスパ!? ワークマンのレインスーツが5000円以下で買える奇跡

10/13(日) 8:55配信

週刊SPA!

23/109 ワークマン(透湿レインスーツSTRETCH)price:4900円(税込み)

 最近、何かと話題のワークマン。カジュアル衣料に特化した店舗展開を始め、ユニクロ、無印に次ぐ第3勢力として注目されています。約800の実店舗を構え、ワークウェアを中心に提案。

 洋服は店舗数が多ければ多いほど生産数を最大化できるため、コスパのいい商品を製造できます。800という店舗数はユニクロの国内店舗数に迫る規模。理屈的には「ユニクロと同格の商品」を作ることができるというわけです。

 ただし、物事には得手不得手があり、ワークマンも万能ではありません。ユニクロのようなビジネスカジュアル、GUのような靴やバッグ、無印のようなカットソー類などは不得意。ワークマンが得意としているのは、やはりワークウェアやアウトドアウェア……なかでも最も買うべきはマウンテンパーカです。

 実物を見れば納得するはず。ハリのある素材感と程よい細身シルエットはまるでノースフェイスかアークテリクス。機能面でも高級アウトドアウェア顔負けの透湿防水を実装。都市生活において、屋外は寒いけど、電車の中は暑く、汗だくになるなんて状況がよくありますが……透湿防水なら素早く湿気を逃がし、環境に適応してくれます。

 呼吸による体温低下を防ぐために首が高くなっていて、フードが大きいため、小顔効果もあり。さらに、収縮色である黒をサイドに入れることでスマートな体形に見せてくれる切り替えもポイントが高い。

 そして、何より値段です。このマウンテンパーカなんとパンツとセットで4900円。4万9000円でもまったくおかしくありません。コスパで言えば、世界最高峰ではないでしょうか。ただし、パンツは正直どうしようもないくらいダサい。ブカブカのパンツで完全に作業着なので期待はしないほうがいいでしょう。しかしながら、アウターだけでもこの値段はありえません。

 カットソーや細身のパンツなどカジュアル提案を始めたばかりのワークマンにはまだまだ苦手アイテムが多いのも事実で、イマイチ垢抜けません。それでも、この手のマウンテンパーカはありえないレベルの良品が多数あるのです。

【今週の掘り出し物】

 冬用のメルトンコートをオリジナルで作りました。なんと7000円(笑)。中綿入りで防寒性高いです。詳しくは私が運営するサイト「KnowerMag」にて。

商品、衣装/すべて私物 撮影/山川修一(商品) 岡戸雅樹(人物)

―[MBのヘビーユース108(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]―

【MB】
ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす。年間の被服費は1000万円超! ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』はベストセラーに。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中。Youtubeチャンネルも開始

日刊SPA!

最終更新:10/13(日) 13:30
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事