ここから本文です

巨人・阿部慎之助選手の押し込む力【立浪和義の超野球論】

10/14(月) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

光った勝負強さ

レギュラーシーズン最後となった406号本塁打も豪快だった

 リーグ優勝を花道に、巨人の阿部慎之助選手が現役引退を表明しました。故障にも苦しみ、選手生活後半にはファーストへのコンバートもありましたが、長くキャッチャーという負荷の大きいポジションを務めながら、現役生活19年、通算2132安打、406号本塁打は本当に素晴らしい数字だと思います。

 2001年、中大からの入団で、長嶋茂雄監督が1年目からスタメン捕手に抜てきした選手です。最初から打撃センスの高さを感じさせる左バッターでしたが、年々体も大きくなり、スイングに力強さが増していったように思います。

 私のドラゴンズでの現役生活は09年まででしたが、敵として見た彼は、非常に厄介なバッターでした。ホームランを毎年のように30本以上マークするだけの長打力がありながら・・・ 本文:1,066文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:10/14(月) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る