ここから本文です

Googleカレンダー、任天堂スイッチは必需品。米Lifehackerアブ・ザファーさんの仕事術

10/14(月) 22:11配信

ライフハッカー[日本版]

敏腕クリエイターやビジネスパーソンに学ぶ仕事術「HOW I WORK」シリーズ。今回は米ライフハッカーの舞台裏で活躍するビデオ・プロデューサーのアブ・ザファー(Abu Zafar)さんの仕事術です。

【全画像をみる】Googleカレンダー、任天堂スイッチは必需品。米Lifehackerアブ・ザファーさんの仕事術

居住地:ニューヨーク

現在の職業:ビデオとポッドキャストのプロデューサー

現在のPC:MacBook Pro 2016

現在の携帯端末:iPhone XR

仕事の仕方を一言で言うと:無我夢中で

── まず、略歴と現在の仕事に至るまでの経緯を教えていただけますか?

私はオハイオ州にあるジャーナリズムの学校に行き、在学中に4つの仕事をしました。1つ目は、学校のテレビ局で地元の政治に関する番組を制作して、その番組のホストも務めました。2つ目は、コメディアンのKey & Peeleスタイルのスケッチコメディ番組を立ち上げ、3シーズン放送しました。3つ目は、局のエンタテインメント・プログラミング部門全体の統率です。

そして、4つ目はこの3つの仕事をするためにたくさんの授業をサボったことです。それから、当時どこかの時点で短期間で終わってしまいましたが、ポッドキャストも始めました。結局オハイオ州が好きになれなくて、卒業後はニューヨークに移りました。

ニューヨークでは、Appleで小売りの仕事をしましたが、すぐに辞めてメディアの世界に飛び込みました。Micに入社してビデオ機器のクリーニングと修理と管理の仕事に就きました。大奮闘してMicの日刊ニュースのポッドキャストを始め、ビデオチームで撮影と編集を手伝いました。最終的には、ビデオ撮影と編集に携わるポジションに就きました。

そこから転職して、ライフハッカーのビデオ・プロデューサーのポジションに。

GoogleカレンダーとTodoistで生活を管理

── 仕事の内容を教えてください

米ライフハッカーで、リサーチ、売り込み、スケジューリング、撮影、編集、ビデオのホストを担当しています。要するに、ライフハッカーのブランドにフィットして視聴者にアピールするようなビデオの制作に最初から最後まで関わることが仕事です。

──最近の1日の流れを教えてください

職場には朝8時半から9時の間に到着するようにしています。朝のルーティンは特になく、次の締切の状況によって1日の過ごし方はまったく違ってきます。終日ビデオの編集だけしている日もあれば、撮影があったり、次のビデオのスケジューリングをしたり脚本を書いたりしている日もあります。

── 「これがないと生きられない」というアプリ・ソフト・ツールは?

GoogleカレンダーとTodoistが私の生活を管理してくれるおかげで、締切厳守で編集することができていますし、食事や洗濯も忘れずにできています。通勤中は、Pocket Castsでポッドキャストを聞いて正気を保っています。

スマホとラップトップの他に、唯一これが無いと生きていけないガジェットは、任天堂スイッチです。私はゲーム大好き少年だったのですが、基本的には大学に進学したときゲームを止めました。昨年の誕生日に自分へのプレゼントとしてNintendo Switchを始めたら、またゲームをするようになり、昔大好きだった趣味に没頭する喜びに浸っています。

1/3ページ

最終更新:10/14(月) 22:11
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事