ここから本文です

祝連載!?【迷車ソムリエ・ムッシュ濱矢の】令和の世に放つ 愛と青春のオフロードマシンたち2 #ゴー・ライド

10/14(月) 6:00配信

WEBヤングマシン

Yamaha TDR250 この当時のヤマハはキレッキレだった

一時はレーサーレプリカ最強といわれたTZR250(1KT)の2スト2気筒エンジンを積んだデュアルパーパスを作って発売するなんて、どこかで悪いものを拾って食ったとしか思えない(褒めている)。それも最高出力は当時の自主規制いっぱいの45PSのまま。流行の異世界召喚物語風にたとえれば、レーサーレプリカからオフロード国に転生してチートなエンジンパワーで俺最強じゃね、って感じ。まあ、これでダートを本格的に走った人はかなりの変態だけど(褒めている)。「おもしろそう」と思いつくまでは理解できる。でも、そこから「作っちゃった(テヘペロ)」って、普通はならないから。

全長×全幅×全高(mm):2080×785×1215 車両重量:134kg エンジン型式:水冷2ストローク並列2気筒 ボア×ストローク(mm):56.4×50 排気量:249cc 圧縮比:6.4 最高出力:45PS/9500rpm 最大トルク:3.6kgf・m/8500rpm 始動:キック式 変速:6段 タイヤ前:100/90-18 タイヤ後:120/80-17 価格:47万9000円

Honda AX-1 どっちつかずじゃなくなんでもできる、だ。

オフロード好きには、キャストのフロント19インチホイールだから、これはオンロードバイクといわれ、オンロード好きには単気筒エンジンの下にガードもあるし、シートなど見た目からオフロードバイクといわれた。そんなにっちもさっちもどうにもブルドッグなAX-1。モジャ胸毛とおっぱいが共存するあしゅら男爵のように、どっちつかず。駄菓子菓子、だがしかし、軽くて見晴らしがよく、街で乗りやすくて、ちょっとしたダートも乗れて、便利に使えるヤツなのである。その昔、バイク便御用達だったのは理由がある。海外ではワイヤースポークホイールのNX250ドミネーターとして活躍。

全長×全幅×全高(mm):2040×805×1115 車両重量:124kg エンジン型式:水冷4ストローク単気筒 ボア×ストローク(mm):70.0×64.8 排気量:249cc 圧縮比:11.0 最高出力:29PS/8500rpm 最大トルク:2.6kgf・m/7500rpm 始動:セル式 変速:6段 タイヤ前:90/100-19 55P タイヤ後:120/90-16 63P 価格:41万9000円

2/4ページ

最終更新:10/14(月) 6:00
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事