ここから本文です

祝連載!?【迷車ソムリエ・ムッシュ濱矢の】令和の世に放つ 愛と青春のオフロードマシンたち2 #ゴー・ライド

10/14(月) 6:00配信

WEBヤングマシン

Kawasaki KLE250アネーロ 今よりもっとアドベンチャー

この落ち着いたカラーグラフィックの他に、桃色、水色、紫、橙、白といった、極楽鳥のような、若い頃着ていたものをタンスの奥から出してきて、ナフタリンの香りを振りまきながら滑っているスキーウエアのようなカラーもあった。鳩サブレーといわれるGPZ250Rから始まり、GPX250R、ZZR250と受け継がれた直列2気筒エンジンを搭載。そうヴェルシス-X250の直系のご先祖様。それもフロント19インチホイールなんて大人の判断をしないで、ど~んと21インチ。2気筒でも走破性にこだわる心意気に胸を打たれる吉宗であった(暴れん坊将軍)。大きなスクリーンにすれば現役にも負けないアドベンチャー。

全長×全幅×全高(mm):2150×825×1165 車両重量:146kg エンジン型式:水冷4ストローク直列2気筒 ボア×ストローク(mm):62.0×41.2 排気量:248cc 圧縮比:12.4 最高出力:35PS/11000rpm 最大トルク:2.4kgf・m/10000rpm 始動:セル式 変速:6段 タイヤ前:3.00-21 51S タイヤ後:120/80-17 61S 価格:44万9000円

Yamaha XT400アルテシア ミネバ・ラオ・ザビからドズルの血を感じられない

ファーストガンダム世代としては、どうしてもアルテシアではなくアルテイシア・ソム・ダイクンといいたくなる。「フランス北部・アルトア地方の人々」というネーミングだとヤマハは説明しているから、公式的にはまったくガンダムとは関係ないと。だが、「それでも男ですか! 軟弱者!」といわれながら荒野を走りたいトレール車。1980年代のXT400シリーズからするといきなりモダンになった感じ。しかし、このセイラさんは、当時もほとんど見かけなかったレアモデル。顔はガンダムというより勇者ライディーンを彷彿とさせる。空冷単気筒エンジンは、SRX400としてベストセラーになった。

全長×全幅×全高(mm):2225×835×1240 車両重量:155kg エンジン型式:空冷4ストローク単気筒 ボア×ストローク(mm):87.0×67.2 排気量:399cc 圧縮比:9.2 最高出力:31PS/7000rpm 最大トルク:3.3kgf・m/6000rpm 始動:セル式 変速:5段 タイヤ前:90/90-21 タイヤ後:120/90-17 価格:44万9000円

3/4ページ

最終更新:10/14(月) 6:00
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事