ここから本文です

女子の初優勝をかけた戦いは筑波大が3勝2敗で涙の日本一 [テニス大学王座]

10/14(月) 9:00配信

テニスマガジンONLINE

 大学テニスの日本一を決める団体戦「2019年度全日本大学対抗テニス王座決定試合(男子73回/女子55回)」(愛媛県松山市・愛媛県総合運動公園テニスコート/10月10~14日/ハードコート)の大会4日目/最終日は男女ともに決勝と3位決定戦が行われ、女子は筑波大が関西大を3勝2敗で下し、王座初優勝を飾った。

2019年度全日本大学対抗テニス王座決定試合|トーナメント表

 先手を取ったのは関大だった。S1大野菜々子/鈴木理子が6-2 6-3のストレート勝利。昨日の慶大との準決勝でインカレ優勝ペアの佐藤南帆/永田杏里に勝った自信をみなぎらせ、まずはチームに1勝を運んだ。

 関大はD2中塚桃子/中村天音も7-5 5-3と勝利に近づいていた。2連勝すれば初優勝がぐっと近づく。しかし、勝利が見えてから硬さが出始め、それを我那覇真子/阿部宏美の筑大ペアは見逃さなかった。

 第2セット3-5から4ゲーム連取で追いついた筑大ペアは最終セットも突き進み、3時間35分の戦いを制した。これで1勝1敗。勝負の行方はわからなくなった。

 先に王手をかけたのは筑大だった。レフティー同士となったS3対決を千村もも花が6-4 1-6 6-1で勝利。勝った千村はダブルスの敗戦を取り戻し、責任を果たした解放感から涙を流した。

 追い込まれた関大だが、S2鎌田琴衣が岩井真優との主将対決を6-4 6-7(7) 6-1でものにする。第2セットでマッチポイントを取り逃したものの、しっかりと気持ちを切り替え、最終セットはさらに闘志をたぎらせて2勝2敗のタイに戻した。

 日本一はS1対決にかかった。筑大は1年生の阿部、関大は4年生の沈清河にすべてを託し、全員がその行方を見守った。激しいストローク戦、一進一退の攻防、第1セットはタイブレークで沈が奪った。

 ダブルスで死闘を演じた阿部の疲労は大きかった。しかし、チームの応援が阿部の背中を押し続けた。第2セットを6-3で奪い返すと、最終セットも沈のボールに必死に食らいつき、待ち焦がれた歓喜の瞬間を迎えた。筑大の初優勝が決まった。

 目に涙を浮かべて阿部が言う。「自分のプレーはあまりできなかったけれど、つなげて、前に入って…ポイントを取れれば何でもいいと思った」。勝利の立役者にメンバーたちが次々と駆け寄っていく。99年、17年、18年に次ぐ4度目の決勝進出。ついに筑大が日本一に輝いた。

 準優勝に終わった関大。チャンスは十分にあっただけに悔しい結果となった。「もちろん優勝したかった。5試合中4試合がファイナル。でも昨年の銅メダルから銀メダルになったことは誇りに思います」と鎌田主将。優勝は手にできなかったが、関大にとっては収穫の大きな王座だったに違いない。

 慶大と姫路大の3位決定戦は、5勝0敗のストレートで慶大が勝利を決めた。

(テニスマガジン編集部◎牧野 正)

最終更新:10/14(月) 9:00
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事