ここから本文です

【J-NETWORK】小磯哲史が46歳で執念のプロ初戴冠「待たせたな!」

10/14(月) 23:16配信

ゴング格闘技

J-NETWORK「Join Forces -REIWA-」
2019年10月14日(月・祝)東京・後楽園ホール

【写真】ハイキックをダッキングでかわす小磯に場内どよめき

▼第11試合 J-NETWORKライト級(61.23kg)タイトルマッチ 3分5R
×MasakIラジャサクレック(ラジャサクレックムエタイジム/J-NETWORKライト級王者)
判定0-3 ※47-48×3
〇小磯哲史(テッサイジム/J-NETWORKライト級1位、蹴拳ムエタイスーパーフェザー級王者/挑戦者)
※小磯が新王座に就く。

 MasakIは2011年6月プロデビューで、2016年5月の蹴拳ムエタイ・ライト級王座挑戦者決定戦で橋本悟をTKOで破り、そのまま王座に認定された。同王座は初防衛戦で敗れて失ったが、今年8月にヒザ蹴りによる初回KO勝ちでJ-NETWORK王座を獲得。サウスポーからの左ミドルを得意とする。

 対する小磯は自身が代表を務めるテッサイジムを率いながら現役で戦う会長ファイター。2017年1月には蹴拳ムエタイ・スーパーフェザー級王座に就いた。2018年8月にはREBELSで才賀紀左衛門とも対戦している(判定負け)。

 両者は2015年4月19日にJ-NETのリングで対戦し、その時は、MasakIが判定3-で0勝利。そこから相応の年月を経て経験を重ねての再戦となった。

 1R、小磯は得意の右ミドルを蹴り、サウスポーのMasakiは左ミドルと左ストレート。小磯は強い右フックも打ち込む。ラウンド終了間際の打ち合いで左フックでダウンを奪う。

 2R、左右フックで攻め込む小磯だったが、Masakiはヒジでカットを奪う。試合は続行され、パンチと右ミドルで攻め込む小磯と左ミドルで迎え撃ちヒジを繰り出すMasaki。

 3Rになると一気に圧力を強めるMasaki。左のパンチと左の蹴りを多用し、小磯を下がらせるが小磯も振り回すようなパンチを打ち返す。お互いにパンチをもらう一進一退の攻防だが、Masakiの左ローが効果を見せ始めた。

 4R、Masakiは左ミドルやハイを蹴りながらの左ロー狙い。かなりの数の左ローを蹴り、小磯は足を上げる場面が多い。小磯も右ミドルを蹴ってのパンチ連打。血まみれになりながらもパンチを打って行く。

 5R、小磯はMasakiのハイをダッキングでかわして場内を何度もどよめかせるが、Masakiは左ミドルと左ストレートで前へ出てくる。小磯もパンチを叩きつけ、バックハンドブローも繰り出して反撃。下がらない姿勢を見せ、判定3-0で初の王座奪取に成功した。

 ベルトを巻いた小磯は「待たせたな。20年待たせちゃったけれど、20年かけてここまで来ました。ダサいけれど、10代で無敗でチャンピオンになるヤツもいるけれど、また違った意味があるし誇りにしてもいいと思います。これで終わりってわけじゃない。今46歳ですけれどまだまだやります。あと、毎日ミットを持ってくれた、入院していていないけれど原島モルモット佑治、ありがとう」と、46歳でのプロ初戴冠を喜んだ。

最終更新:10/14(月) 23:16
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事