ここから本文です

「本当のグリム童話」はなぜ残酷で恐ろしいのか

10/14(月) 16:31配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

世界で読まれる童話集の多様な価値と作者グリム兄弟の物語

 民話の発祥は、人類の文明そのものと同じくらい古い。長い時を経て、語り継がれたものと書き記されたものを織りまぜ、人々がそれぞれに紡いできた細部の異なる物語。それが民話だ。

ギャラリー:「本当のグリム童話」はなぜ残酷で恐ろしいのか 画像5点

 例えばシンデレラの物語は、古代中国や古代エジプトにもある。だが、話の細部は、各地の文化によって変わる。ガラスの靴はエジプトでは赤い革製で、カボチャの馬車は西インド諸島ではパンノキの乗り物だ。「召使いのように扱われていた娘が王子様と結ばれる」現代版に慣れ親しんだ人々にとって、ヤーコプとヴィルヘルムのグリム兄弟が1812年に出版した民話集のシンデレラは、衝撃的かもしれない。

 グリム版では、ヒロインはアシェンプテル(ドイツ語で灰かぶりの意)と呼ばれる。願いを叶えてくれるのは妖精ではなく、母親の墓に植えられ、アシェンプテルの涙で育ったハシバミの木だ。

 また、靴はガラス製ではなく金でできている。片方だけ残された靴に足がぴったりと入る女性を王子が探す場面では、継母の娘たちは悲鳴を上げながら足を無理矢理押し込みはしない。姉はつま先を、妹はかかとを切り落とし、靴に合わせようとする。

 物語の終わりは、シンデレラと王子の結婚式で2羽の白い鳥が楽しそうにさえずり、「2人はその後、いつまでも幸せに暮らしました」とはいかない。白い鳥は、継母の娘たちの目をつついてえぐり取る。

 グリム兄弟が1812年に出版したこの『子どもと家庭のメルヒェン集』は、世界で最も影響力があり最も有名な民間伝承集の1つとなった(メルヒェンは、ドイツ語で口伝えの昔話を表す言葉)。タイトルはのちに『グリム童話』に変更され、子どもたちが幼少期に読む定番の物語となる。しかし、グリム兄弟は、子どもを寝かしつけるためにおとぎ話を集めたわけではない。『子どもと家庭のメルヒェン集』は、ドイツ文化の研究のために民間伝承をまとめた学術書だった。

 ナポレオン戦争(1803年~1815年)でドイツがフランス軍に占領され、政治と社会が混乱する中で、ナショナリズムに駆られたヤーコプとヴィルヘルムは、祖国と伝統に光を当てようとした。文化の最も純粋な形は地域に結びついており、世代を超えて受け継がれてきた物語の中に見いだせる、と信じたドイツ人のロマン派の作家や哲学者に触発されたのだ。説話を語り継ぐことは、ドイツ文化の本質を表現することであり、ドイツ人の精神と基本的な価値を思い起こさせた。グリム兄弟は、ドイツの言い伝えを掘り起こし、「この動乱の時代にも永遠に守られるよう、伝承が消滅しないように保存する」道を切に探し求めていた。

1/3ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事