ここから本文です

【試乗】メルセデス・ベンツ EQCは、EVであることを意識させないメルセデスらしいEVだった

10/14(月) 18:31配信

Webモーターマガジン

乗ればわかる「メルセデス・ベンツ」らしさ

2019年夏に日本でも予約受注が始まった、メルセデス初の電気自動車「EQC」。短時間で市街地が中心だったが試乗することができたので、まずはファーストインプレッションをお届けしよう。

【写真】リアビューやインパネ、充電用コネクターなどを見る

先日、ショッキングなニュースが発表された。ダイムラー グループは今後ディーゼルを含むエンジン(内燃機関)の新規開発は中止して、EV(電気自動車)専用のパワートレイン開発に注力するというのだ。もちろん、既存のエンジンの改良などは続けていくが、世界で初めてエンジンで動く自動車をつくったダイムラーとベンツの会社が、EVシフトしたことは他社にも大きな影響を与えるだろう。

さて、そんなダイムラー グループが満を持して発表したEVがEQCだ。GLCとプラットフォームの一部を共有したクロスオーバーSUVで、前後のアクスルにモーターを1機ずつ搭載した4WDだ。リチウムイオンバッテリーの容量は80kWh、2基のモーターによる総合最大出力は408ps、最大トルクは765Nm。WLTCモードでの航続距離は400kmという。

そんなスペックを反芻しながら、EQCと対面。GLCのEV版・・・・と思っていたけど、サイズはけっこう大きい。欧州参考値(今回の試乗車は並行輸入扱い)だが、3サイズは4761×1884×1623mm。都会の狭い道などではサイズが少し気になる。それでもクロスオーバーSUVなので運転席からの目線は高く車両感覚はつかみやすいから、慣れれば気にならないのかもしれないが。当然ながら、たいていのタワーパーキングは駐車できないだろう。

乗り出して気がついたのは、とにかく静かなこと。試乗日は少し気温が高かったので、市街地走行ならエアコンの送風音が気になるほど車内は静かだった。車重は正式には発表されていないが約2.5トンということもあり、発進時のゲインはさほど高くない。アクセルをジワッと踏めばスーッと発進してくれる。それでも、そこからグッと踏めば加速は鋭い。

今回の試乗は、首都高速を少しと、あとは平日の市街地走行が中心。首都高速ではインテリジェントドライブで車線変更まで自動でこなしてくれたが、他の最新メルセデス同様その精度はかなり高い。ドライブモードを切り替えて試す機会はなかったが、ステアリング裏のパドルでバッテリーへのエネルギー回収量を4段階に調整できるので試してみた。回生ブレーキをもっとも弱めればコースティング状態となり、もっとも強めればアクセルを戻しただけでかなりの減速Gを体感できる。

この回生を切り替えると違いはハッキリわかる。ただし、回生を最大にしても他社のEVのようなワンペダル運転はできない。これは「EVらしさを前面に出さない」というメルセデスの考え方で、他のメルセデス車から乗り替えても違和感のない、メルセデスらしい乗り味を追求したからだという。

その考え方は、短時間の試乗でも実感できた。エンジンではなくモーターで駆動して走っているとはいえ、コクピットまわりのインターフェースの視認性や操作性、ステアリングやペダルなどの操作感、運転していてのボディのしっかり感など、メルセデス車に乗って感じられる安心感や信頼感は、このEQCでもまったく変わりはなかった。このメルセデスらしい感覚は、けっこう古いモデルから最新モデルまで何十台もメルセデス車に乗ってきているが、すべてに共通しているものだ。

「EVではなく、メルセデスをつくっている」。そう感じさせてくれたEQC。今回は撮影を中心とした試乗で26km走行し、平均速度は17km/h、電費は3.4km/kWh、バッテリーはフル充電から8分の1消費して、残り走行可能距離は338kmとインジケータは表示した。

ガソリン車とは少し差別化された内外装も、飛びすぎたデザインではないから好感が持てるもの。安全運転支援システムやテレマティクスサービスなども十分以上のレベルにあるし、EVを購入することでの特典も用意されている。

税込みの車両価格は1080万円。すぐに手を出せる価格とは言いがたいが、経済的に余裕があってEV購入を検討しているのなら、オススメできる1台だ。(文:篠原政明/写真:井上雅行)

メルセデス・ベンツ EQC400 4MATC 主要諸元(欧州参考値)

・全長×全幅×全高:4761×1884×1623mm
・ホイールベース:2873mm
・重量:2495kg
・パワーユニット:非同期モーター×2
・バッテリー容量:80kWh
・総合最大出力:300kW(408ps)
・総合最大トルク:765Nm
・航続距離(WLTCモード):400km
・充電時間:約13時間(普通充電)/約80分(急速充電)
・タイヤ:235/50R20
・車両価格(10%税込):1080万円

Webモーターマガジン

最終更新:10/14(月) 18:31
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事