ここから本文です

城田優演出の舞台に出演、木村達成「美しくシャンパンを飲めるようにしたい」

10/14(月) 12:00配信

週刊女性PRIME

 城田優さんが主演&演出を手がけることで話題のミュージカル『ファントム』が、11月9日より開幕。

【写真】カメラ目線の甘~いスマイルにメロメロ!

 『オペラ座の怪人』を原作とした怪人ファントムの人間像に焦点をあてたストーリーと独創的な音楽で世界中の観客を魅了している名作が、城田の演出でどう生まれ変わるのか期待が高まる。

 今作でヒロインのクリスティーヌに好意を寄せるシャンドン伯爵を演じる木村達成さんに、作品に臨む心境、意欲的に挑戦しているグランドミュージカルでの経験などについて聞いた。

悲劇的な結末を丁寧に描いている作品

「『オペラ座の怪人』はもちろん知っていましたが、同じ題材で主人公のエリック(=ファントム)のキャラクターが深堀りされた『ファントム』という作品があることは、正直知らなかったんですけど。悲劇的な結末のストーリーではありますが、そこに至るまでのことが丁寧に描かれている作品だなと思いました。

 物語の中で、エリックとクリスティーヌと僕が演じるシャンドン伯爵の3人の関係性が重要になってくるんだと思いますが、城田さんからシャンドン伯爵に関わってくる部分で新たな試みを考えていると聞いて、テンションが上がってます。でもその試みをしてくださる城田さんに“やっぱり、あれいらなかったな”と思われないように、期待以上のものを見せられるように頑張りたいです」

 オペラ座のパトロンでプレーボーイの貴族、シャンドン伯爵の役作りに関しては。

「やっぱりシャンパンをどううまく飲むかってことですよね(笑)。美しくシャンパンを飲めるようにしたいと思います。

 あとは、冒頭の登場シーンから存在感を出せるようにしないと伯爵にも見えないだろうし、クリスティーヌが信用してついてきてくれないと思うので、そこは気合を入れて演じたいです」

 木村さんから見た城田優さんはどんな存在なのか。

「最初の印象はめちゃくちゃデカいなって(笑)。僕も180あるのでなかなか自分が見上げる身長の人はいないので。人柄は、すごく気さくに話してくださいますし優しい方だと思います。演出家としてもどっしり構えているので、ついていこうと思わせてくれる方です。

 この作品に携わらせていただくことが決まって、城田さんに歌を聴いてもらったときに、今回の歌のテーマはちゃんと気持ちがのる歌、セリフのように歌って歌い上げる必要は一切ないと言われたので、それは今回の課題ですね。だからこそ、前のめりになってもらえる歌い方をしなければいけないと思うので」

1/2ページ

最終更新:10/14(月) 12:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事