ここから本文です

鈍い出だしとなったBakkt…それでもある「存在意義」とは?

10/14(月) 5:00配信 有料

幻冬舎ゴールドオンライン

Bakkt「現物決済ビットコイン先物取引」のインパクト

幻冬舎ゴールドオンライン

2019年9月23日に取引を開始した、Bakktの現物決済ビットコイン先物取引。ローンチ1週目の総取引額は約500万ドルに留まり、鈍い出だしとなった。新たなビットコイン需要の創出に期待がかかっていたBakktだが、予想を下回る結果となった。しかし、Bakktはビットコイン需要引上げのほかに、暗号資産市場における新たな可能性を秘めているという。本記事では、仮想通貨FXトレーダー向けサイト「3分で分かる暗号資産とFX」を運営するBULLヒロ氏が、Bakktの「存在意義」について迫る。 本文:2,401文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込66

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

BULLヒロ

最終更新:10/14(月) 5:00
幻冬舎ゴールドオンライン

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る