ここから本文です

FW対CBの「消耗戦」を制したチームが勝機を見出す【小宮良之の日本サッカー兵法書】

10/14(月) 6:33配信

SOCCER DIGEST Web

FWの投入で多くの試合をモノにしてきた指揮官は?

 サッカーにおいて、最前線では常に「消耗戦」が行われている。端的に言えば、フォワードとセンターバックの争い。心身ともに疲弊しながら、勝機を得られるか――。それは力比べの取っ組み合いであり、神経戦のような駆け引きの連続とも言える。

【PHOTO】久保建英、中島翔哉、冨安健洋らが続々と! 2019年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

 攻める側は橋頭保を築くため、FWが身体を張る。前線基地でボールを収め、そこから攻撃を始める、という任務を担っている。自陣からボールを遠ざけ、相手陣営を押し下げることによって、防衛線を敷くことにもなり、攻守のアドバンテージを取ることができる。

 具体的には、ポストワークと言われるプレーだろうか。そのポストプレーが抜群にうまいのが、フランス代表カリム・ベンゼマ、ベルギー代表ロメル・ルカク、ブラジル代表ロベルト・フィルミーノといったFWたちだ。

 一方、守る側はCBが、攻撃拠点をつぶすことに全力を費やす。背を向けてボールを受け、空中にあるボールを競るFWを、容赦なく潰す。決して自由を与えない。自軍ゴールの近くに拠点を作られた場合、失点を意味するからだ。

 どちらが勝つか、形勢はめまぐるしく変わる。どちらも死ぬ物狂い。結局、身を削るような消耗戦となるのだ。
 
 脚を使い果たし、動きが鈍くなる。あるいは、ハイボールの競り合いでハイジャンプを重ね、跳べなくなる瞬間が来る。こうした肉体的な疲労だけではない。

 攻撃側はFWが動き直し、消える動きを入れ、裏を取る。こうした巧妙な戦術的な動きで、守備側のCBは“燃料”を失う。それを防ぐため、少々荒っぽいやり方でプレーを封じようとする。そのせめぎあいで一触即発。熾烈な局地戦が行われる。

 中盤の選手としてはFWが全線で消耗戦を戦ってくれることで、パスコースも生まれるし、ディフェンスのゆがみも見える。一方で、攻められる中盤の選手にとっては、バックラインの消耗を避けるため、一つ前の陣営として守備のフィルターとなる必要がある。

 チーム全体で、FWとCBの局地戦の勝敗が大きく勝負を左右するのだ。

 肉体的にも精神的にも消耗が激しいからこそ、交代のタイミングが大事になる。攻める側としては、どこで性質の違うFWを入れ、勝負に持ち込めるか。リバプールのユルゲン・クロップ、アーセナルのウナイ・エメリ、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダンという指揮官は、FWの投入によって、多くの試合をモノにしている。Jリーグでは、サガン鳥栖の金明輝も鋭い手を打つ監督だ。

1/2ページ

最終更新:10/14(月) 6:33
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事