ここから本文です

【川崎】守ろうと思えば、守れる――ファイナルへと導いた「相手に何もやらせない守備」

10/14(月) 6:24配信

SOCCER DIGEST Web

前半の被シュートはゼロ。トータルでもわずか3本

[ルヴァンカップ準決勝第2戦]鹿島0-0川崎/10月13日/カシマ

 両者のコメントは、ある意味、食い違っているかもしれないが、いずれにせよ、それだけ川崎の守備が機能していたということだろう。

【ルヴァン杯 鹿島 0-0 川崎 PHOTO】終始激しい攻防を見せた両者!!1戦目を制していた川崎が2年ぶり決勝へ!

「川崎の守備がすごく良かった。こっちのCBに対して、向こうのFWの選手だったり、中盤の選手や反対のサイドの選手も出てきて。なかなか上手くビルドアップさせてもらえなかった要因はそこかな、という感じがします」(伊藤翔/鹿島)

「(トップ下の中村)憲剛さんとふたりで、相手のボランチのところをチェックすること。前半は失点したくなかった。点を取りに行く気はありましたけど、まずは失点しないことがすごく大事だったので。前線での守備だったり、そういうところで上手く試合を運べたかなと思います」(小林悠/川崎)

 鹿島からすればCBにせよ、ボランチにせよ、川崎のアグレッシブかつ組織的な守備を脅威に感じていたはずだ。前を向いて中央から崩そうとするシーンがなかったわけではないが、「一人ひとりがしっかりスペースを埋めて、戻ってきたりとかはできていたと思う」(小林)。その結果、鹿島の前半のシュート数はまさかのゼロ。90分トータルで見ても、川崎の18本に対し、わずか3本という散々な数字だった。

 川崎と鹿島が相まみえたルヴァンカップ準決勝、第1レグはホームの川崎が3-1で勝利。迎えた第2レグ、ホームの鹿島は決勝に勝ち進むためには最低でも2点が必要だった。鹿島とすれば、最初から飛ばしていきたかったが、それをさせてもらえない――伊藤は「あれが基本的に良い守備というか、相手に何もやらせない守備」と舌を巻いた。
 
 小林や中村が精力的に走り回り、相手のパスコースを限定。タッチライン際に展開されれば、2列目の両サイド、さらにその後方の両SBが連動して、即座に潰しにかかる。中央のエリアでは、守田英正と下田北斗のダブルボランチが素早い出足で相手のボールホルダーに対応し、簡単に前を向かせない。

 川崎はチーム全体で守備の意思統一ができていた印象だ。一方の鹿島は、とりわけ前半は局面を打開しようとする際にパスミスが散見されたが、川崎のプレッシャーに屈して自滅していたように見えた。

 後半は多少、攻め込まれる時間帯もあった川崎だが、クロスを放り込まれても、CBの谷口彰悟を中心に、DF陣が身体を張ってことごとく撥ね返す。81分にはレアンドロに際どい一撃を浴びたが、これはGK新井章太が難なくセーブ。堅牢な守備は最後まで乱れることがなかった。

 熟練のパスワークを軸とした攻撃力がストロングポイントである川崎は、守備を優先して失点ゼロで切り抜けようと思えば、そうした戦い方も高い次元で遂行できる。今回の鹿島との2連戦では、改めて攻守両面での充実ぶりを証明し、ファイナル進出を果たした。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:10/14(月) 6:26
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事