ここから本文です

【タジキスタン戦のスタメン予想】負傷離脱の冨安の代役は植田か。堂安、伊東、久保らが争う中盤2列目で起用されそうなのは…

10/14(月) 22:02配信

SOCCER DIGEST Web

吉田、植田のCBコンビであれば心配はなさそう

 10月10日にカタール・ワールドカップのアジア2次予選の第2戦、モンゴル戦(埼玉スタジアム2002)に6-0と快勝した日本代表は、同15日にアウェーでのタジキスタン戦(現地時間17時15分、日本時間21時15分キックオフ予定)に臨む。人工芝への適応など課題はあり、森保一監督は「タフで難しい試合になると思っています。勝てる保証はありませんし、最善の準備をしたいです」と意気込みを語った。

【日本代表練習 PHOTO】試合が行われるスタジアムは人工芝!リラックスムードで調整!

 森保ジャパンはモンゴル戦から中4日で、しかも日本からの長距離移動を強いられている一方、タジキスタンは10日にワールドカップ予選がなかったため、コンディションの差がひとつのポイントになりそうだ。

 ただ森保監督は「コンディション面は、もちろんタジキスタンとは差があるかなと思っています。彼らは直近の予選の試合を行なっていませんし、我々は中4日で長距離移動をしてきました。ただ、日本の選手たちは連戦の経験もありますし、中4日でコンディションは回復できると思います」と、自信を覗かせた。

 今回の2次予選は、日本、タジキスタンともに初戦から連勝しており、「グループで最も強い相手なので、気を引き締めていかなくてはいけない」(酒井宏樹)と選手たちも警戒心を強める。森保監督も「個々はフィジカルがあり、推進力のあるチームだと思います。個々の技術がしっかりしていて、オーガナイズされてもいます」とタジキスタンを評価した。

 予選グループ内での首位攻防戦、そしてアウェーでの戦い、さらに森保監督は直近の試合から大きくメンバーを変えることが少ない傾向にある点を踏まえると、コンディションによって多少の入れ替えはあるかもしれないが、基本的にはモンゴル戦の先発メンバーを軸になるのではないか。

 そう考えるとGKは3試合連続でスタメン出場し、すべて無失点に抑えた権田が起用される可能性が高い。
 最終ラインは吉田麻也、長友佑都は、タジキスタンに入って初の練習を行なった12日はホテルでコンディション調整をしたが問題はなさそう。一方、モンゴル戦で左太ももを痛めて離脱が決まった冨安の代役は、植田が有力だろう。

 9月のパラグアイ戦では後半45分のみであるが、吉田と植田はCBでコンビを組んでおり、無失点でゲームを終えた。このふたりであれば、大きな心配はないはず。ただ、経験を積ませる意味でも、畠中槙之輔、板倉滉を抜擢するのも面白く、3バックの採用もあるかもしれない。

 また、モンゴル戦で足首を痛めて後半途中に交代した右SBの酒井宏樹は「問題はないです」とプレーできる状況であると説明。ただ、もし無理をさせられないと、指揮官が判断した場合は、冨安の代わりに追加招集となった室屋成や、モンゴル戦では酒井に代わって出場した安西幸輝にチャンスが回ってくるだろう。

1/2ページ

最終更新:10/15(火) 1:46
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事