ここから本文です

Jリーガーも選出! 海外メディア選定、リーガ・エスパニョーラ「過去10年ベスト11」 

10/14(月) 6:20配信

Football ZONE web

11人中7人がバルセロナ勢、神戸在籍にするMFイニエスタの名も

 サッカー情報メディア「BESOCCER」のスペイン語版が過去10年のリーガ・エスパニョーラベストイレブンを公開した。11人中7人がバルセロナ勢となり、J1ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタも名を連ねた。

【画像】Jリーガーも選出! 過去10年のリーガ・エスパニョーラベストイレブン

 ピックアップの対象となっているのは2010年から2019年までにリーガでプレーしていた選手だ。その間にリーグ優勝6回、国王杯優勝5回と多くの国内タイトルを獲得したのがバルセロナ。UEFAチャンピオンズリーグも2度制するなど国内外を問わず、圧倒的な強さを示してきた。そんなバルセロナで活躍してきた選手が多く選出されたのも、いわば当然と言うべきなのだろう。

 最終ラインには元ブラジル代表DFダニエル・アウベス(現・サンパウロ)、スペイン代表DFのジェラール・ピケとジョルディ・アルバの3人、中盤では現在Jリーグでプレーするイニエスタと、元スペイン代表MFシャビ・エルナンデスという黄金コンビがそれぞれ選ばれている。アウベスを除けば、いずれもバルセロナの下部組織出身だ。

 前線には現在もチームを支えるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレスが選出されている。ベストイレブンのうち、元も含めてバルセロナ勢が7人という構成となった。

 その他では現レアル・マドリードの主将、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスとアトレチコ・マドリードの守護神、スロベニア代表GKヤン・オブラクがそれぞれ選ばれている。一昨季までレアルでプレーしていたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現・ユベントス)も文句なしの選出となった。

 すでに現役を引退している選手では唯一の名を連ねたのは、元レアルの司令塔MFシャビ・アロンソ。スペイン代表でも共演したイニエスタ&シャビとともに中盤に組み込まれた。

 いずれも後世に語り継がれるであろう名選手揃いで、納得のベストイレブンと言えそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:10/14(月) 6:20
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事