ここから本文です

流行の「骨盤矯正」を医師が危ういと感じる根拠

10/14(月) 5:10配信

東洋経済オンライン

 美容やヘルスケアの分野で、「骨盤矯正」と称する民間療法が定着して久しい。人の腰部にある「骨盤」が歪むと、全身がアンバランスになり、腰痛や肩こり、冷え性の原因になる。また体型も崩れやすくなってしまうため、正しい位置に「矯正」する治療が必要であるとし、TVや雑誌などのメディアでも頻繁に取り上げられてきた。

【写真】「骨盤矯正という医学用語はない」と断言する整形外科医

 とくに女性の間で、骨盤矯正は常識といえるほど浸透している。産後などに開いた骨盤が十分に戻らないと、腰痛を引き起こしたり、太りやすい体格になるとされている。1度の治療で終わるのではなく、複数回通院させることが一般的だ。高額な回数券を買わされる消費者も多い。

 骨盤矯正を行うのは、接骨院や整体院、カイロプラクティックなどの民間治療院の施術者であり、医師ではない。施術は基本的に”手わざ”で、患者の下肢を動かし、体を押し引きしたりすることで、歪みが改善できるという。正確な統計はないが、最近、接骨院や整体院の大手チェーンが骨盤矯正を前面に打ち出して事業拡大をしているため、骨盤矯正を取り扱う店舗数も増加傾向にあると見られる。

■「骨盤矯正」という医学用語はない

 しかし、腰痛などさまざまな症状の改善に役立つという骨盤矯正は、本当に効果があるのだろうか。根拠や効果について、医学的にはどう評価されているのか、複数の医師に話を聞いた。

 「『骨盤矯正』という用語は医学的にはありません」。こう強調するのは、腰痛について複数の著書がある整形外科医の片田重彦氏である。

 「そもそも矯正とは、正常状態から逸脱した骨関節などの変形を、ギプスやコルセットなどで正しい形に治すことをいう。骨盤は、きわめて丈夫な多数の靭帯で包まれていて、骨折でもしない限り変形はありえない」(片田氏)

 施術の方法にも問題があると語る。記者が、骨盤矯正の施術風景を映したある治療院の広告動画を見せると、片田氏は眉をひそめた。

1/3ページ

最終更新:10/14(月) 5:10
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ