ここから本文です

アルゼンチン代表、メッシ&アグエロ不在を感じさせず。大量6得点でエクアドル代表を粉砕!

10/14(月) 1:00配信

フットボールチャンネル

【エクアドル代表 1-6 アルゼンチン代表 国際親善試合】

 国際親善試合、エクアドル代表対アルゼンチン代表が現地時間13日に行われた。試合はアウェイのアルゼンチン代表が1-6で勝利を収めた。

 リオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロ、アンヘル・ディ・マリアが不在のアルゼンチンは、ラウタロ・マルティネス、ルーカス・アラリオをトップに起用。パウロ・ディバラはベンチスタートとなった。

 先制したのはアルゼンチンだった。20分、アクーニャの左CKにアラリオがヘディングで合わせ、ゴール左に突き刺した。さらに27分、左サイドで受けたアクーニャが、中央へクロスを供給。これがニアでエクアドルDFエスピノーザに当たり、ゴールに吸い込まれた。

 31分、アクーニャの左サイドからのグラウンダーのクロスに対してニアに飛び込んだマルティネスが倒され、PKを獲得。このPKをパレデスが決め、アルゼンチンが3点のリードとした。

 アルゼンチンの3点リードで迎えた49分、ペナルティエリア手前の左でFKを得ると、後半頭から出場のメナが、ゴール右に直接決めた。エクアドルが2点差に詰め寄った。

 だが、アルゼンチンがエクアドルを突き放す。66分、ペナルティエリア手前の左からディバラがFKを蹴ると、中央でペッセッラが頭で合わせた。さらに82分にドミンゲス、86分にはオカンポスがゴールを決め、アルゼンチンが6点を奪った。

 試合はこのまま終了し、アルゼンチン代表が6-1で勝利を収めた。

【得点者】
20分 0-1 ルーカス・アラリオ(アルゼンチン)
27分 0-2 エスピノーザ【OG】(アルゼンチン)
32分 0-3 レアンドロ・パレデス(アルゼンチン)
49分 1-3 アンヘル・メナ(エクアドル)
66分 1-4 ヘルマン・ペッセッラ(アルゼンチン)
82分 1-5 ニコラス・ドミンゲス(アルゼンチン)
86分 1-6 ルーカス・オカンポス(アルゼンチン)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:10/14(月) 1:00
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事