ここから本文です

SKE48大場美奈が舞台『ハケンアニメ!』に主演! 大先輩・山内圭哉が語る「大場美奈は安田忠夫とダブるんですよ!」

10/14(月) 15:30配信

週プレNEWS

直木賞作家・辻村深月の名作の舞台化『ハケンアニメ!』が、10月12日(土)にスタートした。16日(水)までが大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで、10月31日(木)から11月14日(木)には、東京・紀伊國屋ホールで上演予定だ。

【画像】ふたりの仲の良さが伝わる対談風景

脚本・演出はG2。そして出演するのは、今、演劇界でもひとクセもふたクセもあるベテラン俳優ばかり。そんななか、主役の川島加菜美を演じるのは、舞台経験の少ないSKE48の大場美奈(おおば・みな)。我らが「みなるん」の大いなる挑戦に、SKE48ファンをはじめ、多くの注目が集まっている。ということで稽古場を直撃! 共演する、大先輩の山内圭哉(やまうち・たかや)さんと語っていただいた!

■稽古スタートから一週間。みなるん号泣!
――さて、まず最初に、今回のお芝居のおふたりの役どころを聞きたいんですけど。

大場 はい。今回の舞台のオリジナルキャラクターで、アニメ業界の新米制作進行です。

山内 僕はフリーのアニメーターの役ですね。ものすごく気弱な役で、人物描写はうまいがアクション描くのが苦手、みたいなのがなぜかアクションの漫画を描かされて、監督から猛烈なダメ出しをずっと食らっているっていう。僕の役もオリジナルキャラクターです。

大場 けっこう私と山内さんのシーンは多いです。ありがたいことに、私は主演をさせていただきます。

――大場さん、最初にこのお話をいただいたときにはどう思いましたか?

大場 初夏くらいに「辻村深月さん原作で、共演者はこういった方です」って聞いたんですけど、純粋にうれしかったです。こういう大先輩の中に入ってお芝居をしたいっていう夢があったので。「ついに来たんだ!」って。でも主演って聞いたときには「え?」「おぉっ???」って驚きましたね。



――ですよね。山内圭哉さんをはじめ、市川しんぺーさん、三上市朗さん、菅原永二さん、町田マリーさん、幸田尚子さん、小須田康人さんと、日本の舞台界のフロントラインを走る超一流の先輩ばかりです。そこに主演の大場さんと、天才アニメ演出家である王子千晴を演じる小越勇輝さんが挑みます。

大場 最初、お稽古に入るまではめちゃめちゃ不安でした! でも不安でも、できなくてもわからなくてもやるしかないですから。だから「前向きに」って毎日考えてましたね。

――山内さんは、大場さんのことは知ってました?

山内 いえ全然。存じ上げてなかったですね。最初に顔合わせしたときに「緊張してるな」って思ったくらい。

――大場さんは、昨年のAKB48の選抜総選挙で8位になったんです。さらにSKE48では「ビジュアル担当」なんですよ。

山内 おー! どういうこと? ビジュアル担当って。

大場 ......かわいいんですよ。グラビアもやるし。まぁ、勝手に言ってるだけですけど。自称です。

山内 そういうのあんねや。得意分野的な。

大場 だって、胸があんまりないコって、あまりグラビアできないじゃないですか。

山内 なるほどなぁ。

1/5ページ

最終更新:10/14(月) 15:30
週プレNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事