ここから本文です

Hey!Say!JUMP、 7年ぶり台湾ライブの超貴重な内容レポ

10/15(火) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 突然の“コンサート中止”により、日本からもファンが駆けつけた台北アリーナは熱気に包まれていた。期待に応えるべく、彼らは歌い、踊り、宙に浮く。行きたくても行けなかった。そんな人のために、超貴重なライブ内容をお届けする。

「タイワンダダージャジュデンラ!(台湾の皆さん、お待たせしました)」

 薮宏太(29才)が流暢な中国語で呼びかけ、高木雄也(29才)が、

「ウォイーヂーシャンジャダージャ(ずっときみたちのことを考えていました)」

 と笑顔を見せると、満員の会場は大歓声に包まれた。

 10月5・6日、Hey!Say!JUMP(以下JUMP)が台北アリーナで7年ぶりの台湾公演を開催。2日間で約2万2000人を動員した。

「地元台湾のファンはもちろん、香港や韓国から駆けつけたファンもいました。前半のMCはオール中国語で、最後まで日本語は話さないのかな? と思ったほど、地元ファンにも楽しんでもらおうという気配りがみえました。日本から参加したファンも大勢いて、そんなメンバーの気遣いに頬を緩めていました」(参加したファン)

 この台湾公演は、日本のファンにとって特別なものだった。5月19日、JUMPは、2007年のデビュー以来続けてきた、アリーナ会場でのコンサート開催の見送りを発表した。一部ファンによる迷惑行為を問題視した、苦渋の決断。

 国内でメンバーに会える機会が消滅したことで、台湾公演が貴重な場となった。チケットは入手困難となり、ファンクラブ会員向けに、チケット代込みで2泊3日、約15万円のツアーが組まれ、3000人ほどが参加した。

 メンバーは海外のファンにも日本のファンにも楽しんでもらえるよう、入念な準備をしていたようだ。

「中国語マスターのため、約1か月の猛勉強をしたようです。和の演出にもこだわり、メンバーの希望でKinkiKidsの堂本光一さん(40才)に演出のサポートを依頼しました」(公演関係者)

1/3ページ

最終更新:10/15(火) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事