ここから本文です

加藤和樹さんがロケ先で覚えた味を再現! ご飯がとまらない「なすのたたき」

10/15(火) 7:40配信

家庭画報.com

歌手・俳優・声優の加藤和樹さんが料理のセンス&腕前を披露。ロケ先で教わったという簡単ヘルシーレシピ「なすのたたき」を料理研究家・中村奈津子先生に伝授します!

・加藤和樹さん、取材の舞台裏&秘蔵カットも

ご飯がとまらない! プラス1品にもぴったりな「なすのたたき」

加藤和樹さん(以下、敬称略):今回は、「トマト素麺」に続いて、僕が「なすのたたき」を紹介します。ロケで三浦半島に行ったときに地元の方から教わった郷土料理で、本当に簡単に作れるんですよ。

中村奈津子先生(以下、敬称略):楽しみです!

なすは、しっかり焼いてください!

加藤:まずは、なすを焼いて、その間にしょうがをすりおろします。しょうがは香りづけなので、面倒だったら、市販のおろししょうがを使ってもOKです。

中村:本当に手際がいいですね。

加藤:なすは皮全体が焦げるくらいしっかり焼いたほうが、香ばしくておいしいです。なすから水が出てきたら、中まで火が通ったなと思って大丈夫。

なすの皮をむくポイントは……

加藤:なすが焼けたら皮をむきます。ちょっと熱いんですが、水につけるとなすが水っぽくなってしまうので、僕は竹串を使っています。

中村:キッチンペーパーもおススメですよ。包んでキッチンペーパーごと手でもむと、皮がむけてきます。

加藤:おおっ、本当だ。こういうやり方もあるんですね。また一つ勉強になりました!

加藤:皮をむいたら、ヘタを切って縦半分に切り、ザクザクと切っていきます。

中村:ポイントは?

ただ、ひたすらたたくだけ!

加藤:包丁で、ひたすらたたくだけ!(笑)  なすが細かくなってきたら、さっきすりおろしたしょうがと味噌を加えます。今日は赤味噌を使いますが、種類は何でも大丈夫です。

加藤:で、しょうがと味噌をなじませるように、さらに包丁でたたきます。なす全体が味噌色になるくらいたたいたら、味見をして……でき上がり!

中村:う~ん、簡単! そしておいしそう!

では、いただきます!

加藤:これ、白いご飯にすごく合うんです。ぜひ一緒に食べてみてください。

中村:確かに、これは合いますね! おいしくて、いくらでも食べられそう(笑)。しょうがも効いていますが、やっぱり味噌がポイントですね。

加藤:そうなんです。僕の出身地・愛知は八丁味噌が名物なので、味噌味にはやっぱり惹かれるものがあって(笑)。

中村:なるほど(笑)。味噌の種類や分量によって、何にでも合わせられそう。しゃぶしゃぶやお刺し身にも合うと思うし、揚げ物もさっぱりいただけるんじゃないかしら。

加藤:確かに薬味感覚でも使えそうですね。で、採点は?

中村:オリジナルレシピではないから、トマト素麺よりも点数は低いですが……115点!!

加藤:またしても100点超えですか!!  何か自信ついちゃうなあ(笑)。ありがとうございます!

中村:いえいえ、加藤さんの手際のよさには、こちらこそ感服です。しかもこれ、100kcalもないですよね。罪悪感ゼロのおかず、素晴らしいです!

1/2ページ

最終更新:10/15(火) 7:40
家庭画報.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事