ここから本文です

死屍に鞭打つ「復讐の鬼」 史記が描く「充実生涯」を読み解く

10/15(火) 6:10配信

NIKKEI STYLE

《連載》古代「史記」 偉人の出世学 司馬遷「史記」研究家・書家 吉岡和夫さん

中国・前漢時代の歴史家、司馬遷(紀元前145年ごろ~同86年ごろ)が書き残した「史記」は、皇帝から庶民まで多様な人物による処世のエピソードに満ちています。銀行マン時代にその魅力にとりつかれ、130巻、総字数52万を超す原文を毛筆で繰り返し書き写してきた書家、吉岡和夫さん(80)は、史記を「人間学の宝庫」と呼びます。定年退職後も長く研究を続けてきた吉岡さんに、現代に通じるエピソードをひもといてもらいます。

「諫言(かんげん)の作法」について書いた前回は、中国・春秋時代の楚(そ)の国に仕えた伍奢(ごしゃ)という人物のエピソードにふれました。側近の甘言に溺れて太子(王位継承者)を遠ざける平王に、真っ向から苦言を呈し、そのために謀反の疑いをかけられた人物です。今回の主人公はその伍奢の息子の一人、伍子胥(ごししょ)です。読者が「充実の生涯」とは何かを考える糸口のひとつになればと思います。

《漁師に救われた「復讐の鬼」》

伍奢には伍尚(ごしょう)と伍子胥の2子がありましたが、父子ともに生かしておけないと考えた平王は伍奢に「2人を呼び寄せれば、お前を生かす。それができないなら、生かしてはおけない」とウソの条件を出します。伍奢は「兄は深い思いやりのある性格で、呼べば必ず来てしまう。弟は心が強く忍耐力があり、大事をなし遂げる性格だ。そろって捕らえられるのがわかっていて来ることは決してない」と応じません。そのため平王は兄弟に「2人で来れば父を生かしてやろう。来ないなら今すぐ殺す」と伝えました。
弟の伍子胥は「行けば必ず共に殺される。逃げて父の恥をそそぐ方がいい」と主張しますが、兄は親不孝になると考えます。そして「お前は逃げて父を殺されたあだに報いるのだ。私は死地に赴く」と語り、伍子胥だけを逃がして、父とともに処刑されます。父は死を前に予言します。「胥亡(に)ぐ。楚国は危うきかな(伍子胥は生き延びた。楚の国の将来は危うい)」と。そして伍子胥は復讐(ふくしゅう)の鬼となります。
背後に追っ手が迫る伍子胥が長江の岸に出ると、一人の漁師が船を用意して待っていました。対岸に着いたとき、伍子胥は持っていた「百金の剣」をお礼に渡そうとしますが、漁師は断ります。「楚の国は、伍子胥を捕らえた者に莫大な財産や地位を与えるというお触れを出しています。百金の剣くらいでは足りませんよ」

1/3ページ

最終更新:10/15(火) 10:16
NIKKEI STYLE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事