ここから本文です

ビジネス好調なベントレーが、ひと味違う特別仕様車を投入。あのマスコット、フライングBも専用色に

10/15(火) 18:30配信

Webモーターマガジン

コンチネンタルGTで人気の特別仕様をフライングスパーにも導入

2019年10月10日、ベントレー・モーターズ(Bentley Motors)が新型フライングスパー ブラックラインスペシフィケーション(Flying Spur Blackline Specification)を発表した。

【写真】フライングBやリアビュー、インテリアなどをもっと見る

2019年6月17日に日本でも発売された新型フライングスパーは、ドライバーズカーブランド ベントレーらしいスポーティな俊敏性と、ラグジュアリー性を併せ持つ4ドアグランドツアラーである。

ポルシェ パナメーラに導入されている新世代プラットフォーム「MSB」を採用することで走行性能や快適性を、また従来モデルよりホイールベースを130mmも伸ばすことで居住性を向上させている。また、ボンネットの先端に電動でせり上がってくる「フライングB」マスコットを復活させたことでも話題となった。

搭載する6L W12ツインターボエンジンは635ps/900Nmを発生し、ZF製8速DCTを組み合わせることで0→100km/h加速は3.8秒、最高速は333km/hを達成する。また、駆動方式は基本的に後輪駆動として、路面の変化やドライバー操作などに応じて自動で4WDに切り替わるシステムを採用する。

日本で2020年第2四半期のデリバリーを予定している第3世代スポーツセダンだが、欧州では早くも特別仕様車「フライングスパー ブラックライン スペシフィケーション」が追加されるようだ。スペシフィケーション(Specification)とはスペック(Spec)の語源となっている単語で、「仕様」を意味する。

その言葉どおり、通常モデルでメッキ調パーツを配置しているサイドウインドウモールやフェンダー、フロントマスクなどエクステリアの至るところに黒基調のパーツがあしらわれて精悍さを増すデザインとなっている。さらに、フライングBマスコットもブラックライン仕様に変更されている。

ちなみに、この「ブラックライン スペシフィケーション」は現行のコンチネンタルGTにも設定され、全体の30%を占めるほど人気モデルになっているといい、同じくスポーツ性をアピールするフライングスパーにも導入されたようだ。なお、日本での発売時期や価格などは発表されていない。

Webモーターマガジン

最終更新:10/15(火) 18:30
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事