ここから本文です

世界GP王者・原田哲也のバイクトーク Vol.19 「いちばん楽しめる排気量とは?」

10/15(火) 17:30配信

WEBヤングマシン

「消化試合」の存在しないマルケスの日本GPも注目!

1993年、デビューイヤーにいきなり世界GP250チャンピオンを獲得した原田哲也さん。虎視眈々とチャンスを狙い、ここぞという時に勝負を仕掛ける鋭い走りから「クールデビル」と呼ばれ、たびたび上位争いを繰り広げた。’02年に現役を引退し、今はツーリングやオフロードラン、ホビーレースなど幅広くバイクを楽しんでいる。そんな原田さんのWEBヤングマシン連載は、バイクやレースに関するあれこれを大いに語るWEBコラム。第19回は、トライアンフの国際試乗会に参加してきた件と、マルケスのチャンピオン獲得について。

原田さんの走り映像でサウンドもチェック!

TEXT:Go TAKAHASHI

上質なエンジンで走りは変わる! 初めてのカルタヘナも安心

10月11日、スペインのカルタヘナで行われたトライアンフ・ストリートトリプルRSの発表試乗会に参加してきました。午前はツーリング、午後はサーキット走行だったんですが、結論を先に言ってしまうと、新型ストリートトリプルRSは素晴らしい出来栄えでした。

僕はもともとトライアンフの3気筒エンジンが好きです。2気筒のようにトルクは厚いのに、低回転域のドンツキは抑えられていて、なおかつ高回転域は4気筒のようによく回る。全体的にとても気持ちのいいエンジンだと思います。

いつも言っていることですが、公道を走るなら700~800ccぐらいのサイズ感が一番しっくりきます。ストレスのないパワーと扱いやすい重さのバランスがちょうどいい。ストリートトリプルRSは765ccなので、ドンピシャです。

新型ストリートトリプルRSのエンジンは現行よりトルクアップしていますが、相変わらずのスムーズさでフィーリングは良好。サウンドもいいので、「上質なエンジンのバイクで走ってるな~」と気分が上がります。

というわけで、結構いいペースの峠道も気持ちよく楽しめました。初めての道ですから、どうしてもコーナーを読み違えることがあります。深く回り込んでいる下りコーナーにちょっとオーバースピード気味で進入してしまい、さらに路面にうねりがあったりして「ヤバイ!」というような時でも、車重が軽いから安心してしっかり減速。なおかつサスペンションの動きもニュートラルなので、難なくクリアできます。

1/2ページ

最終更新:10/16(水) 4:55
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事