ここから本文です

マイスタイルを作らない、パリジェンヌの秋の装い。

10/15(火) 19:03配信

フィガロジャポン

リアルなパリジェンヌのファッションやライフスタイルを毎月1名3回に分けて紹介する、連載「パリジェンヌファイル」。今月はノルマンディ出身のモデル&女優のエヴァを紹介。第1回は秋の装い。

フェミニンからマニッシュまで。エヴァの秋のコーディネートを見る。

「着る服は印象を残すもの。身につけるファッションや色彩のトーンがその人となりを表すから、私はイメージが定着しないように、あえて違うスタイルにトライしているの。ある時は花柄ドレスでフェミニンに、また別の日はモノトーンでマニッシュにまとめるとか」。
女優という職業柄、一定のイメージに囚われず、その時々で自在に自分を演出したいというのがエヴァの試み。そんな彼女のワードローブは、話題のパリブランドからヴィンテージまで幅広く並んでいる。
「好きなブランドはイザベルマラン。独特の素材使いや、エスニックテイストはパリっぽくてシックだと思うわ。それとヴィンテージも大好き。最近通っているのは10区にあるLove&Dress(ラヴ&ドレス)。セレクトの良さがピカイチなの」。

photos:AYUMI SHINO, realisation : HIROKO SUZUKI

最終更新:10/15(火) 19:03
フィガロジャポン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事