ここから本文です

フェイスブックが考える「VRの未来」、そのかたちが見えてきた

10/15(火) 19:10配信

WIRED.jp

ステージ背後の巨大なスクリーンには、「“もし”の段階は過ぎ去った。いま問題なのは“いつ”になるかだ」というメッセージが点滅している。オキュラスの年次開発者会議「Oculus Connect」の会場では、参加者たちがマーク・ザッカーバーグの登場を待っていた。フェイスブックがオキュラスを傘下に収めたのは2014年だが、ザッカーバーグはそれから毎年、Oculus Connectで基調講演を行なっている。

【動画】VR世界の家の内部

一方で、フェイスブックのVR/AR研究センター「フェイスブック・リアリティ・ラボ(FRL)」のトップであるマイケル・アブラッシュは、こんな発言をしている。「次世代のVRが現実のものになるには、まだ時間がかかります。つまり、古きよき時代がもう少しだけ続くことになるのです」

アブラッシュはフェイスブックのVR/AR事業のすべてを知り尽くす人物で、開発者会議ではザッカーバーグと並んで最も重要な役割を果たしている。壇上に立ったアブラッシュは、各種プロジェクトの進捗状況を詳細に説明して、9月25日に始まったイヴェント初日の午前を締めくくった。

ザッカーバーグが思い描く次世代コンピューティング

ザッカーバーグもアブラッシュも、この新しいテクノロジーの可能性を強く信じていることは間違いない。しかし、ザッカーバーグがVRの新製品や新機能を紹介したあとで、アブラッシュはその素晴らしいテクノロジーが利用可能になる未来は思ったより先になりそうだと、釘を刺したのだ。

フェイスブックは今回のOculus Connectに先立ち、家庭用コミュニケーション端末「Portal」の新モデルを発表している。ザッカーバーグはPortalをAR体験のできるデヴァイスと位置づける一方で、存在感や臨場感のあるVRの世界というヴィジョンにこだわる。自らが描く「次世代コンピューティングのプラットフォーム」とは、実際にはそこにないものでも実在感を感じられる世界を実現することだというのだ。

この方向性を追求する上で鍵となるVRヘッドセット「Oculus Quest」の新型を、フェイスブックは来年初頭に市場投入する。新しいモデルはハンドトラッキング機能を実装するため、コントローラーがいらなくなる。サッカーバーグは「コントローラー、ボタン、ストラップ、外部センサーといったものはなくなります。手を動かすだけですべてが完結するのです」と語っている。

1/3ページ

最終更新:10/15(火) 19:10
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事