ここから本文です

“次世代ギャル“安斉かれん「渋谷音楽祭」出演 初めて人前でパフォーマンスへ

10/15(火) 22:19配信

KAI-YOU.net

“次世代ギャル”として注目を集めるシンガー・安斉かれんさんが、10月20日(日)に開催される「第14回渋谷音楽祭2019~Shibuya Music Scramble~」に出演。SNS上では「バーチャルな存在なのでは?」ともいわれる彼女が、初めて観客の前でパフォーマンスする。

【画像】ギャルの象徴を彷彿とさせる安斉かれん

次世代型ギャル・安斉かれん

ファンからはポスギャル」(ポストミレニアルギャル)と呼ばれ次世代のアイコンの1人として注目される安斉かれんさん。

令和初日に「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」でデビュー。同じくエイベックスの所属アーティストであり、ギャルのアイコンでもある浜崎あゆみさんを彷彿とさせるダンスサウンドやビジュアル、歌声が話題を呼んだ。


その後、7月に「誰かの来世の夢でもいい」、10月にはテレビアニメ『ブラッククローバー』のED主題歌として「人生は戦場だ」をリリース。

カナダの化粧品ブランド「M・A・C」のビジュアルに女性ソロアーティストとして初めて起用されたほか、『ViVi』『NYLON』など女性ファッション誌への露出も続くなど、広告塔としても目にする機会が増えている存在だ。

謎に包まれた安斉かれんが観客の前に

MVや広告などでの露出の一方で、「神奈川県生まれの19歳」「渋谷のギャル向け古着ショップの店員」といった情報以外、多くが謎に包まれている。

全貌が明らかになっていないためか、SNS上では「バーチャルか? リアルか?」といった声も上がっている。

安斉さんが出演する「渋谷音楽祭」は今回で14回目。多様なジャンルのアーティストが集結する渋谷区最大規模の音楽イベントだ。

そんな舞台と観客の前で初のパフォーマンスを披露する安斉さんは、訪れた人々にどのような姿を見せてくれるのだろうか。

森田将輝

最終更新:10/15(火) 22:19
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事