ここから本文です

ピンク・紺・ベージュ|着回しの軸になる「最優秀トップス」3選

10/15(火) 17:00配信

GISELe

この先スタイルづくりの軸になるものを、スタイリスト・樋口かほりさんと岩田槙子さんが厳しい視点でピックアップ。目新しい服を身近に寄せたり、定番スタイルを見違えさせたり。着たい服を受けとめる新たな相棒の使い方をシミュレーション!

ピンク・紺・ベージュの着回し


DUSTY PINK SWEAT TOP
長くてゆるいくすんだピンクのスエットトップス
甘すぎずカジュアルさもおさえられるかすれたピンクは、秋の軸トップスとなるスエットでとり入れたい。お尻がすっぽり隠れるビッグシルエットで、細身からワイドまであらゆるボトムを整える対応力の高さが魅力満点。(樋口さん)


1.EDGY&GIRLY

辛口LADYなレザースカートをあせたピンクでなごませて
ピンクビッグスエット 27,000円+税/オー プロジェクト(プーオフィス)  中に着たタートルネックカットソー 18,000円+税/ザ ダラス(ザ ダラス ラボ.) 黒フェイクレザータイトスカート 8,980円+税/MOUSSY (バロックジャパンリミテッド) ショートブーツ 45,000円+税/ELIN(クルーズ) ハードなレザーをトーンダウンさせつつ、女っぷりも上げてくれる。カジュアルなかわいい色は、1つで2つ以上をこなす名手。


2.SOFTY BOYISH

そでまでルーズな形が気楽なワンツーをモードに転換
トップスは着まわし。インディゴデニムオーバーオール 13,000円+税/Levi’s®(リーバイ・ストラウス ジャパン) バッグ 14,000円+税/FILL THE BILL(4K) ローファー 18,500円+税/CORSO ROMA 9(ナノ・ユニバース カスタマーサービス) ともすると幼く見えがちなオーバーオールは、ダスティピンクのニュアンスのある表情で、気張らずもシックにまとまる。

GISELe編集部

最終更新:10/15(火) 17:00
GISELe

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事