ここから本文です

「俺もつらいし、泣けるよ」引退発表の佐藤勇人に、オシムチルドレンが“激アツ”ポエムを贈る!

10/15(火) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

3歳年下の後輩がインスタグラムで

 ジェフユナイテッド市原・千葉は10月13日、主将の佐藤勇人が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

【画像】水野晃樹が綴った“激アツ”ポエムの全文はこちら!

 今季キャプテンを務める佐藤勇人は、94年に千葉の下部組織に加入し、2000年に双子の弟である寿人らとともにトップチームに昇格。08年、09年の2シーズンを京都サンガで過ごしたのを除き、キャリアのほとんどを千葉でプレーしてきた。今シーズン千葉に復帰した寿人とは、18年ぶりにチームメイトとしてプレーし、J1昇格を目指していた。

 そんな佐藤勇人の才能を昇華させたのが、イビチャ・オシム監督だった。03年から日本代表監督に就任する06年まで千葉を率いていたオシムは、「考えて走るサッカー」を実践し、Jリーグカップ(現ルヴァンカップ)を連覇するなど、一時代を築いた。

 佐藤勇人をはじめ、主力を担った阿部勇樹、巻誠一郎、羽生直剛らは「オシムチルドレン」と呼ばれ、日本代表にも招集された。

 そのオシムチルドレンのひとりで、3歳年下の水野晃樹(現SC相模原)が、引退の一報を受け、自身のインスタグラムで“激アツ”のポエムを贈っている。

「佐藤勇人という男」という出だしでスタートするその詩のなかで、水野はこの先達のことを「ジェフ愛に溢れた闘志あふれる男」、「いつまでもサッカー小僧の男」などと表現。「けどこの報告、俺もつらいし、泣けるよ、、、」と想いを綴っている。

 J2リーグは残り6節。現在17位に低迷するジェフ千葉の残留させることが、佐藤勇人の最後のミッションとなる。そのラストダンスから目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:10/15(火) 6:10
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事