ここから本文です

【W杯アジア2次予選】29年ぶりの平壌開催となった南北対決!韓国が最後まで北朝鮮の堅守を崩しきれずスコアレスドロー

10/15(火) 20:01配信

SOCCER DIGEST Web

観客、取材陣が入場できない異様な雰囲気の試合に

 10月15日、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選、グループHの北朝鮮対韓国の一戦が行なわれ、最後までお互いに得点を奪えず、スコアレスドローで痛み分けとなった。

【日本代表練習 PHOTO】タジキスタン戦へ向けて前日練習!過ごしやすい気候で選手も笑顔!

 お互いに2連勝中の首位・韓国と2位・北朝鮮の首位攻防戦となった試合は、北朝鮮のホーム、金日成スタジアムで開催された。これまで南北対決が北朝鮮の平壌で実施されたのは、29年ぶりのこと。それだけに世界からも注目を浴びる一戦となったものの、中継放送はなく、韓国のファンをはじめ、取材陣も会場に入ることが許されないという異様な雰囲気のなかで行なわれた。

 韓国は前線に、FC東京のナ・サンホ、今夏までG大阪に所属していたファン・ウィジョ(ボルドー)、トッテナムに在籍するエース、ソン・フンミンの3枚を配置して攻撃的な布陣で挑む。一方で北朝鮮は、ユベントスU-23でプレーする期待のFWハン・グァンソンが先発に名を連ねた。
 
 試合は両チーム合わせて4枚のイエローカードが乱れ飛ぶ大荒れの展開に。前半はお互いに決め手を欠き、スコアに動きはなかった。韓国は後半開始からレッドブル・ザルツブルクで南野とチームメイトのFWファン・ヒチャンを投入して先制点を狙うも、結局最後まで北朝鮮の堅守を崩しきれず、スコアレスドローでの決着となった。
 
 この結果、両チームは勝点1を分け合い、順位に変動はなく、得失点差で韓国が首位をキープした。次戦、韓国はグループ4位のレバノンと、北朝鮮は3位のトルクメニスタンとアウェーで対戦する。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:10/15(火) 20:01
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事