ここから本文です

【タジク戦速報】日本、超満員の敵地で苦戦…権田のビッグセーブでピンチを凌ぎ0-0で後半へ

10/15(火) 22:02配信

SOCCER DIGEST Web

堂安、橋本がスタメンに復帰。負傷した冨安に代わり植田を起用

 カタール・ワールドカップ・アジア2次予選のタジキスタン代表対日本代表は10月15日、ドゥシャンベ・セントラルスタジアムで日本時間の21時15分のキックオフで行なわれている。

【PHOTO】日本×モンゴル戦を彩った「美女サポーター」たち


 日本代表は、5日前のモンゴル戦から4名を入れ替えて臨んだ。1トップは前戦の永井謙佑に代わって鎌田大地を起用。前線は右サイドに伊東純也に代えて堂安律、1.5列目に南野拓実、左サイドには中島翔哉が入った。ボランチは遠藤航に代わり橋本拳人が柴崎岳とコンビを組み、最終ラインは負傷離脱したセンターバックの冨安健洋に代わって植田直通がスタメン入り。吉田麻也とのコンビ起用となった。さらに右サイドバックに酒井宏樹、左サイドバックには長友佑都が入った。

 グループFの首位決戦となった一戦は、日本にとって完全アウェーのゲームとなった。スタンドは詰め掛けた敵地ファンで超満員に膨れ上がり、ピッチは国際親善試合では極めて珍しい人工芝のピッチ。序盤はボールを保持し、チャンスをつくり出すものの、地の利を活かしたタジキスタンの攻勢に冷や汗をかかされる場面も見られた。

 23分には、タジキスタンのパンシャンバがスルーパスに反応して抜け出すと、GK権田と1対1に。このピンチに権田は慌てず、パンシャンバとの間合いを素早く詰めて、シュートを弾き出す。日本は権田のビッグセーブで難を逃れた。

 日本は27分に堂安がミドルで、31分には吉田がヘディングシュートで狙うが、惜しくも枠を捉え切れない。中央に厚みを持たせたタジキスタンのディフェンスにも阻まれ、日本はなかなか迫ることができない。

 すると、タジキスタンのアグレッシブな守備に、日本は自陣でのボールロストが目立ち始める。終了間際には南野の決定的なヘディングシュートもGKの正面を突いてしまう。結局、前半はタジキスタンゴールを攻略できず、0-0のスコアレスで折り返した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:10/15(火) 22:12
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ