ここから本文です

【ラグビーW杯】台風の裏で日本戦開催に感銘、英記者が感動コラム「日本のおもてなしは想像の先にあった」

10/15(火) 11:03配信

THE ANSWER

「日本が世界に反骨精神を示す」―ガーディアン紙のコラムが日本でも話題に

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、A組最終戦で日本がスコットランドに28-21で勝利し、史上初の8強入り。4連勝で首位通過を決めた。台風19号の接近により開催が危ぶまれながら、被災者に多くの勇気と元気を与えた一戦。開催の尽力を目の当たりにした英紙記者は「日本人の『おもてなし』は皆の想像より、さらに数段階先にあった」と感銘を受けたことを感動的なコラムでつづっている。

【画像】感動コラムが日本でも話題! リーチ、田村ら誰もが笑顔…英記者が執筆したガーディアン紙の記事に掲載された同じ場面の写真

 横浜で行われた一戦は日本のみならず、大きな感動を与えていた。英紙「ガーディアン」で「台風被害にもかかわらず、日本が世界に彼らの反骨精神を示す」と題したコラムを掲載したのはアンディ・ブル記者だった。試合後、ピッチ上で寝転んだリーチ・マイケル主将、田村優を中心に、笑顔で集合写真に収まる選手たちの印象的な1枚とともに感動コラムを展開している。

 日本戦の試合前に捧げられた黙祷から書き出した記事。試合開始からハーフタイム、試合終了まで、明らかになる台風犠牲者の人数が増えていく、日本にいるからこそわかる経過を克明に記した。会場周辺もまだ水が溢れ、近辺の川崎では多くの人が避難し、相模原では被災者の人数も正確に把握できていない。そんな甚大な被害を受けながら大会関係者が会場に泊まり込み、関係各所との協力により、開催にこぎつけた尽力についてレポート。さらに、こうも記している。

「気を紛らわせるため、日常を取り戻すため、(台風への)挑戦、もしくは我々は生きていて、今あるものを楽しむのだ、という決意を示したのかもしれない」

 そんな姿に感銘を受けたようだ。同記者が考えたのは、今大会日本が示している「おもてなし」の精神についてだった。「日本では、このW杯でどのように『おもてなし(日本流の奉仕)』をすべきか、と誰もが議論していた。正確な訳語は無いが、ここで4週間を過ごした私の不完全な理解によれば、それは客を喜ばせるために全力を尽くすことだった」。このように、解釈について理解していたというブル記者。それは“浅はか”だったという。

1/2ページ

最終更新:11/5(火) 10:11
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事