ここから本文です

<G線上のあなたと私>松下由樹、波瑠との“女子トーク”裏話「波瑠ちゃんのイメージになかったんですよ(笑)」

10/15(火) 12:30配信

ザテレビジョン

10月15日(火)スタートの波瑠主演ドラマ「G線上のあなたと私」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系※初回は夜10:00-11:12)のプレミアム試写会&舞台あいさつが10月10日に行われ、波瑠、中川大志、松下由樹が登場した。

【写真を見る】波瑠のあいさつに合わせてジェスチャーをする中川大志

「G線上のあなたと私」は、恋愛漫画の名手・いくえみ綾による、同名コミックを連続ドラマ化した作品。

「大人のバイオリン教室」で出会った年齢も立場もバラバラな3人の男女を中心に、日常に起きるほんの些細な出来事が織りなす、奇跡のハーモニーが描かれる。

主人公・小暮也映子役を波瑠、也映子がたまたま興味を持ち、通い始めた大人のバイオリン教室で出会うイケメン大学生・加瀬理人役を中川が務め、もう1人のバイオリン教室仲間の主婦・北河幸恵を松下が演じる。

また、主題歌は若手注目バンド・緑黄色社会の「sabotage」に決定している。

■ 波瑠×いくえみ綾「あなそれ」チームとの再タッグ!

波瑠は、ドラマ「あなたのことはそれほど」(2017年、TBS系)に続き、いくえみ綾原作の主演を務め、制作スタッフとも再タッグを組む。

このことについて聞かれると、波瑠は「也映子みたいな素直で悪いことしない役もやらせてもらえるんだって、すごく安心しました(笑)」と前作とは対照的な役柄を演じることへの思いを明かし、会場を笑いに包んだ。

今作が初共演となる3人。撮影現場の様子を聞かれ、波瑠は「今すごくね、和気あいあい」と表現し、松下も「すごくナチュラルにいますね。自然体というか。たぶんバイオリンを全員初めて習うというところで、個人練習から始まったんですけど、そういう共通点というか、それがクランクインする前にあったっていうのも大きかったように思いますね」と語った。

さらに、カメラが回っていない場面での様子を聞かれ、「全体にすごくナチュラルなんですよ。何かをすごく仕切るとか、そういうんじゃなくてフワッと(笑)。で、なんか息があって、笑うツボが一緒になったり、ふざけ合ってるタイミングが一緒になったり、自然体だなと私は感じています」と松下が答えると、中川も「おのおのが結構マイペースにやってます(笑)。ほのぼのとしてますね」と仲の良い舞台裏を明かした。

劇中で披露される3人のバイオリン演奏にも期待の声が高まっているが、代役を立てずに演奏の音もそのまま使用しているという。

手応えについて聞かれると、中川は「これからいろんな曲が出てくるんですけど、初めてちょっと1曲形になったのかな?と思えた瞬間は、すごくうれしかったですね」と語り、「『3人で合わせましょう』っていう日が来まして、その時初めて『せーの』で合わせたんですけど、そこくらいからですね。ようやくホッとして、3人の息とそれぞれの音を聞けたので、そこからちょっと楽しくなっていった感じですね」と松下も答えた。

■ 波瑠と松下が“女子トーク”

今作で、鈴木伸之と兄弟役を務めることについて中川は「鈴木君とは初めてお仕事したのが、7年くらい前で、それから2回くらい共演させていただいてて、今回、久々なんですけど、特に仲良くなるために何かしようっていうよりは、昔から知っているのですごくそのまんまって感じですかね」とコメント。

続けて「基本的には(撮影の合間は)じゃれ合ってます。シャドーボクシングしたり、体動かしたりとか、くだらない話をしたりとか、男同士の感じですかね」と明かした。

また、第1話で波瑠と松下が女子トークで盛り上がるシーンが朝一の撮影だったと中川が明かすと、波瑠は「一緒にカラオケしたり、楽しかったですよね。カラオケで2人で盛り上がっちゃうシーンは私も結構好きで、台本読んだ時から、どんなふうにできるかなって、ワクワク」と撮影前から楽しみにしていたと告白。

さらに、松下も「最初、波瑠ちゃんのイメージになかったんですよ(笑)。でも、すごくうれしそうにやった瞬間になんかちょっと面白いと思って。そこからどんどんいろんなことがお互いに掛け合いとしてできるように、楽しんでいってましたね」と答えた。

■ おぎやはぎ・小木博明が連続ドラマ初レギュラー!

今作で自身の夫を演じる小木について、松下は「小木さんはもちろん初めてご一緒させていただくんですが、最初、私としては浮気した夫なので距離感があるんですが、家族みんなは仲良しな設定ですので、その時に初日の撮影で小木さんがずーっとお話してくださってたんですよ。

娘役の子(矢崎由紗)、夏樹(陽子・しゅうとめ役)さん、その家族が本当にその日だけで家族だなって感じたくらいの距離感にもうなっていたので、さすが(芸人さんって)すごいなって」と語った。

最後に、波瑠が「多くの人にこのドラマを楽しんでいただけたらいいなと思っております。本当に町のどこかに音楽教室があって、私たちみたいな3人が支え合いながら、お互いの人生を豊かにしていくような影響をもらったり与えたりし合っている。そういうすてきな環境がきっとどこかにあるのかも知れないと思いながら、楽しんでいただけたらすごくうれしいです」とあいさつし、イベントを終えた。

中川が波瑠のあいさつに合わせてジェスチャーをするなど、舞台あいさつは終始、現場での仲の良さを感じさせる明るい雰囲気だった。(ザテレビジョン)

最終更新:10/15(火) 12:34
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事