ここから本文です

シンガーソングライター・岸洋佑「芸能活動を一度辞めて、再び戻るなんて気持ちは1mmもなかったときに作った曲です」【インタビュー後編】

10/15(火) 8:05配信

ザテレビジョン

9月25日に2ndミニアルバム「THE ONEMEN’S」をリリースしたシンガーソングライター・岸洋佑。今作の1曲目を飾る「ごめんね」は、つんく♂が作詞を手掛けており、“令和のシングルベッド”に仕上がっているほか、ミュージックビデオには岸の高校時代からの親友で俳優の吉沢亮が出演しているなど、注目を集めている。「この曲で人生の勝負を掛けたい」と意気込む彼に、今作の制作秘話と、今月25日からスタートするツアー「YOSUKE KISHI PRESENTS “THE ONEMEN’S”LIVE」について語ってもらったインタビューの後編。後編では、彼のサラリーマン時代のお話も。

【写真を見る】「仕事をしながらでも好きな道をやることってすごく大事」と語る岸

■ 実体験から生まれた楽曲も収録

――今作に収録されている5曲(初回盤/通常盤はボーナストラック含め6曲)のうち、「Door」「夏のシンパシー」「牛丼の歌」は岸さんの作詞作曲による楽曲です。岸さんは過去にサラリーマンをしていた経験もお持ちだそうですが、「Door」という楽曲はその時代を彷彿とさせるものですね。

岸:まさにサラリーマン時代に書いた曲です。10代の頃から始めた芸能活動を一度辞めてからのことで、再び芸能界に戻るなんて気持ちは1mmもなかったときに作った曲なんです。

――芸能界に戻る気はないけど、音楽活動は続けていたという感じですか?

岸:いや、音楽も辞めてました。芸能界を辞めたときっていうのは、精神的にも肉体的にも全てにおいてどん底で。もう音楽はやらないって決めていたんです。でも、サラリーマンになったとき、もちろん未経験だったんですけど、上司に教えてもらいながらやっていくうちに営業成績がトップになって。そのときに思ったのが、よく考えてみたら、16歳で芸能界に入って、辞めるまでの5年間、1回も褒められたことがなかったなって。サラリーマンになって初めて「お前、すごいじゃん」って言われて、急に人生が楽しくなったんです。それまで皆無だった自信も少しずつついてきて、それで、芸能界に戻る気はないけど曲を書いてみようと思って作ったのが、この曲だったんです。

――<いつかの夢と少し違ってしまったけど>という表現は、そのときの心情を示しているんですね。

岸:そうなんです。そのあとに<それでもきっと 進む先にはほら 何かが待ってる>と続くんですが、会社で頑張っていたらいいことがあると思いながらも、どこかで(音楽活動に)未練が残っているから曲を書いているわけで……。その頃からライブハウスで歌うようになったら少しずつお客さんも増えてきて、もう一度芸能界でやってみようという気持ちになったんです。

――そんな岸さんの経験が、この曲の説得力を増しているような気がします。

岸:曲を作った当初は、弾き語りで、もっと暗く、荒々しく歌ってたんです。未練が音や歌に現れていたというか。でも、今はありがたいことに少しずつ夢が叶い始めて、そしたらこの曲がちゃんと歌えるようになったように思えて。第一志望の道に進めなかった人は、絶対いると思うんです。でも、仕事をしながらでも好きな道をやることってすごく大事で、そういうことを僕は下の世代に伝えられるなと思ったので、今回は明るい応援歌になるように意識してアレンジしてもらいました。

■ この曲はですね……すべて実話です(笑)

――また、タイトルからしてインパクトのある「牛丼の歌」についても教えてください。

岸:この曲はですね……すべて実話です(笑)。

――<ご褒美は豚汁変更(給料日) 節約は牛皿テイクアウト(ご飯炊く)>というフレーズは妙にリアリティがあるなと思っていました(笑)。

岸:まさにそうです(笑)。サラリーマンになる前のバイト時代は本当にお金がなくて、給料日がすごくうれしかったんです。今はしょっちゅう豚汁に変更しちゃうけど(笑)、当時はプラス100円とか150円とかってすごいことで。やっぱりいまだに吉野家が自分にとってのご褒美ですから。

――歌詞の中には<学生の頃母からのアドバイス 『初デートの夕飯牛丼屋はダメだよ』>というフレーズも出てきます。これも実話なんですね。

岸:はい。しかも、行こうとしていたのでギクッとして(笑)。母はすごくカッコいい人で、僕に大好きな彼女ができたとき、デートに行ってくるわって言って出掛けようとしたら玄関に来て「あんた、絶対女の子に払わせるんじゃないよ」って1万円を渡してくれて。あと、牛丼屋は絶対ダメだからねって。僕、それが初デートだったんですよ。だから、以来一度も女性に(お金を)出させたことがないんです。

――素敵なお母さんですね。

岸:あとで聞いたら、父親に最初に牛丼屋に連れて行かれて、すごく萎えたらしいんですけど(笑)。でも、僕自身は子供の頃によく母親に牛丼屋に連れて行ってもらっていたので、そういう意味では牛丼を一緒に食べられる方と結婚したい気持ちもあるんです。ただ、初デートで牛丼屋はダメだ、と。今となってはその教えが役に立っていると思います。

――牛丼の歌ではありつつ、親孝行の歌でもあるんですね。

岸:そうなんです。曲自体は、急に牛丼の歌を書きたくなって、15分くらいで歌詞もメロディーも出てきたものなんですけど。正直に言うと、最初はふざけて書いたんです。でも、“真面目にふざける”というのをテーマにしていて、「牛丼の歌」というタイトルなのに、イントロから裏切ったら面白いんじゃないかなって。歌詞の方も、結局「牛丼が好き」としか言ってないのに、最後まで聴いたら結構いいこと言ってるみたいな。そんな曲にしたかったので、アレンジはback numberさんをイメージしました。母は、わざわざお母さんのことを書いた曲だとは伝えていませんでしたが、この間のライブで聴いてくれて、「書いたのね」って言っていました(笑)。

■ ツアーのテーマは“アイドル”

――今月25日からツアーが始まります。これまでのライブはほぼ岸さんが自身で企画されているそうですが、今回のツアーはどんなものになりそうですか?

岸:「THE ONEMEN’S」のジャケットを見ていただくと分かるのですが、今回、アイドルユニットという設定なんです。ちなみに、初回盤の5人の方は嵐さんの5人を、通常盤の6人の方はKing & Princeさんの皆さんをイメージしています。といっても、全部僕なんですけど……モザイクを15倍くらいかけたらそう見えるんじゃないかなって(笑)。そのユニット名が“THE ONEMEN’S”なんです。

――なるほど。アイドルユニットという発想は何がきっかけだったんですか?

岸:僕が出演していた「宇宙戦隊キュウレンジャ=」で一緒だった山崎大輝くんのライブを観に行ったとき、お客さんがみんなペンライトを振っていて、あの景色いいな、見たいなと思ったんです。でも、岸本人のライブじゃ見られない。誰かになりすまさなきゃ見られないなってところから着想を得ました。

――収録曲から派生したものではないんですね(笑)。

岸:曲にアイドル要素は一切ないですから(笑)。その代わり、各曲を擬人化して、それぞれをイメージした格好をしているんです。

――それを、今回のワンマンツアーで具現化する形になるんですね。

岸:今回はそれ用に衣装もちゃんと作りますし、アイドルユニットのライブとしての楽曲も作ったりするなど、かなり力を入れています。ファンのみなさんにも、すでに今回のツアーではふざけてほしいと伝えていますし。ただ、最近、自分で自分の首を絞めているのが分かってきました……。だって、全部僕ですから(笑)。

――ユニットとはいえ、ステージに立つのは岸さん1人。

岸:そうなんですよ。どうやって6人全員を同じステージに立たせたらいいんだろう?って(笑)。あと、一つ致命的な問題があって。

――と言うと?

岸:岸、踊れないっていう(苦笑)。踊れたらまだいろいろやりようがあるんですけど、僕が裏方として企画をしても、表の自分が使えなさすぎて本当に困ってるんです。自分ではアイドルとかをプロデュースするのはできそうだなって思うんですけど、もしそのときが来たら、自分は踊れないやつは絶対入れないと思うんです(笑)。だから、今困っていて……。ライブの日が来なければいいのにと思いますもん。こんなに辛いライブは初めてです(苦笑)。

――でも、楽しみですね。

岸:こういうライブをプロデューサーとして一度やってみたかったんです。大変だけど、“こういうことをやった”というのが大事だなとも思うので、だから、精一杯頑張ります! なかなかないライブだと思うので、ぜひ観に来ていただきたいです。

(ザテレビジョン)

最終更新:10/15(火) 8:05
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事