ここから本文です

松本潤撮影のムロツヨシ宣材写真に大反響! 「嵐にしやがれ」が“視聴熱”週間3位にランクイン

10/15(火) 16:00配信

ザテレビジョン

WEBサイト ザテレビジョンでは、10月7日~13日の「視聴熱(※)」バラエティー ウィークリーランキングを発表した。

【画像を見る】罰ゲームでムロツヨシの宣材写真を松本潤が撮影

1位「雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!」(毎週木曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)37926pt

10月10日の放送は、告知時点から大反響を呼んでいた企画「~クセがすごい女性グループ~BiSHドハマり芸人」。「2019年一番の大仕事や!」と張り切った千鳥・ノブをはじめ、アインシュタイン・稲田直樹、学天即・奥田修二、宮下草薙・宮下兼史鷹ら、楽器を持たないパンクバンド・BiSHを愛する芸人たちが集結した。

2015年に“新生クソアイドル”として結成され、2016年にメジャーデビューしたBiSHは、アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dの6人の女性グループ。BiSHは「Brand-new idol SHiT」(新生クソアイドル)の略であることから、ファンは”クソ“を掃除する人たちということで「清掃員」と呼ばれているという。

そんな“清掃員”のノブらは、彼女たち自身の魅力や、過激な歌詞や同じ曲を何度も披露するなど、BiSHの所属事務所社長で楽曲プロデュースも手掛ける渡辺淳之介のぶっ飛んだ戦略を紹介。

「BiSHのココを熱く語りたい」コーナーでは、ライブ会場が一体になる楽曲を解説した。ところが、これまで話を聞いてきたゲストの千鳥・大悟は、「そのずっと“清掃員”って言ってるの、キツない?」「小スベってる」と発言。すると、ノブは「初めて千鳥解散、考えた」とキレてしまう。MCの蛍原徹は「それとこれとは別やんか」となんとか収めようとした。

そして、宮下のアテンドで相方の草薙航基とティモンディ・高岸宏行がBiSHのライブを初体験するVTRを挟み、ラストにBiSHがスタジオに登場。ライブですっかりとりこになった草薙らも加わり、パフォーマンスを堪能した。

SNSではBiSHファンから感謝の言葉が寄せられたほか、「新規清掃員になりそう」という声も上がった。

2位「7.2 新しい別の窓」(毎月第1日曜昼5:00-夜0:15、AbemaTV)34566pt

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が毎月第1日曜日に7.2時間の生放送を行う番組。「世界初のSNSバラエティー」をテーマに、3人が豪華ゲスト陣や視聴者とSNSでつながりながら、リアルタイムな企画が行われる。

10月6日の放送は、最初に小林星蘭らが所属する子役事務所「テアトルアカデミー」に3人が潜入。演技レッスンに参加した3人。机の上に置かれた物を見て泣き出す練習では、コップを見た子役が大泣きする様子に3人は驚きの表情を浮かべた。

その後、軍手で泣くことになった草なぎは、戦争に行った友人の軍手と設定するも「何で泣けないの?」と思わず口に出してしまった。続く稲垣の前にはサングラスが登場。サングラスを上下逆にかけるなど、暴走気味になったうえ泣けずに、香取は「物で一発芸みたいになってる」とツッコんだ。

最後の香取は空揚げに向かって、子供のころから一緒だった“ひろし”を思い出す熱演を見せたが、途中で空揚げを食べてしまい、子役たちから笑いがもれた。

実は“ひろし”は鶏で、から揚げになったことを悲しがっていたという設定。数々のドラマや映画などに出演してきた3人だが、レッスンの難しさを痛感していた。

そのほか、はるな愛、K-1スーパーフェザー級王者の武尊らが参加した「秋のスポーツテスト」、香取がCM で“慎吾母”に扮(ふん)しているファミリーマートの惣菜で簡単アレンジ料理を作る「出張お母さん食堂」、映画「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督をゲストに迎えた「インテリゴロウ」、真心ブラザーズとのコラボライブなどで盛り上がった。

3位「嵐にしやがれ」(毎週土曜夜9:00-9:54、日本テレビ系)30231pt

10月12日の放送は生田斗真が参戦した「行列グルメデスマッチ」と、松本潤、綾野剛、ムロツヨシによる男と男のスマート対決「松本潤のTHIS IS MJ」の2本立て。

第23弾となった「―THIS IS MJ」。「嵐が大好き」と公言する綾野だが、今回の対決については「1つ本質的な弱点があるとするなら、嵐は5人で嵐ですから。5×20で100になる。ということは、MJ(松本)だけだと20なんです」と勝算を語った。

一方、「MJのライバル」と自称するムロはこれが3回目の挑戦。「2回負けてるけど、3回目勝つ姿、見たいのよ、日本人は」と大きく意気込んだ。

今回の3番勝負は「ボトルキャップチャレンジ」「人間テーブルクロス引き」「HADO対決」。松本が2ポイントで1位、綾野が1ポイントで2位、ムロが同じく1ポイントで3位という順で迎えた最後の「HADO対決」は、最先端のARを使ったスポーツで、手から出るエナジーボールで攻撃する次世代のドッジボールのようなもの。総当たり戦の結果、綾野が勝利した。

対決で最下位になったムロは、罰ゲームとして前回同様に1週間限定で宣材写真を変更することに。松本がスマートフォンで撮影した写真が、ムロの公式ホームページで公開されたが、サーバーダウンしてしまうほどの反響となった。

「HADO対決」で使ったARの機器を顔に取り付けたままで、ムロの顔がほとんどわからないというショットに、SNSでは「面白過ぎる」「MJのセンス感じる」「サーバー落ちるまでがMJ対決」といったコメントが寄せられた。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやドラマランキング、またデイリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

最終更新:10/15(火) 16:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事